敷布団は丸洗いで洗えない?洗濯機で洗える重量は何キロ?頻度やコインランドリーの活用術!

敷布団は丸洗いで洗えない?洗濯機で洗える重量は何キロ?頻度やコインランドリーの活用術!

 

敷布団は汗やダニによってとても汚れやすく、天日干ししただけでは十分と言えません。敷布団を本当にきれいにしたいなら丸洗いするのが理想的なのです。
でも一体どうやって重くて大きな敷布団を洗えば良いのでしょうか。
今回は敷布団の丸洗いについて考えていきたいと思います。敷布団の洗濯について、必要性や方法について詳しくご説明していきましょう。

 

 

敷き布団は丸洗いすることができる

敷き布団は丸洗いすることができる

 

今までの敷布団をきれいにする方法と言えば、天日干しして湿気を防いだり、掃除機で表面の汚れを取り除くことが一般的でした。
デリケートな素材で作られていて、かつ大きくて重い布団は洗うことが困難だったのです。
「敷布団は洗うと傷んでしまうので、洗うべきではない」とされた時代もありあました。
しかし、最近は洗剤や洗濯機の質が高まったことで、今まで水洗い不可だった敷布団も、傷めることなく洗うことが可能になりました。
古い敷布団はまだ水洗い不可の表示がほとんどですが、最近販売されている比較的新しい布団は、水洗い可と表示された布団が増えてきています。敷布団の丸洗いが新常識となってきているのです。

 

 

敷布団を洗う必要性について

敷布団を洗う必要性について

 

そもそも敷布団は洗ったほうが良いのでしょうか。敷布団を洗うのは大がかりなことなので、本当に必要なのか考えてから洗いたいですよね。
敷布団は「汗をたくさん吸収している」「ダニが繁殖しやすい」ことから洗う必要があるのです。

 

敷布団はたくさん汗を吸収している

掛け布団、毛布、枕などにも汗は染み込んでいきます。しかし、もっとも体が触れている面積が大きい敷布団が一番汗を吸収していると言えます。
汗が蓄積するとジメジメして臭いもしてきます。中わたの弾力もなくなり、ぺちゃんこのせんべい布団になってしまうでしょう。
だから洗って清潔に保ち、本来の気持ちの良い布団に戻すことが必要なのです。

 

敷布団はダニが増殖しやすい

ダニは高温多湿な環境で増殖します。敷布団は汗をたくさん含んでいるだけでなく、体が常に触れているので体温により温度が上がりやすいのです。ダニにとって好条件の環境になるためダニはどんどん増えてしまうでしょう。
ダニは人の体を刺すだけであく、アレルギーの原因になる恐れがあります。だから、丸洗いすることでダニやダニの死骸、糞などをきれいに洗い流すことが必要なのです。

 

このように、敷布団を洗う必要性は確かにありました。
清潔で気持ちの良い布団で安眠するため、ダニを防いでアレルギー対策するためにしっかり布団洗いをしていきましょう。

 

 

敷布団を洗う頻度について

敷布団を洗う頻度について

 

長年使い続けている敷布団でも、洗ったことがない方は非常に多いです。
お子さまがおねしょをしてしまったり、ジュースをこぼすなどのトラブルがない限り洗うことがないかもしれません。
では布団を洗う理想的な頻度はどれくらいなのでしょうか。
厚生労働省が定めた「旅館業における衛生等管理要領」の布団洗濯のルールによると、敷布団は1ヶ月に1回以上、60℃で30分加熱乾燥を行う、もしくは同等以上の効力のある方法で加熱処理することが望ましいとなっています。そして6ヶ月に1回以上の丸洗いを推奨していました。
一方、ほとんどの寝具メーカーでは敷布団は1年に1回の丸洗いを目安としています。
この目安の頻度は掛け布団よりも多いです。掛け布団は3〜4年に一度の丸洗いを推奨している寝具メーカーがほとんどでした。
厚生労働省の定めたルールのように半年に1度洗う必要はありませんが、年に1度の洗濯が理想の頻度と言えるでしょう。

 

敷き布団は丸洗いすることができます。その必要性と理想的な頻度についてもご説明してきました。
次に、丸洗い方法についてご説明していきましょう。

 

 

敷き布団を丸洗いする方法は4つ

敷き布団を丸洗いする方法は4つ

 

敷布団を洗う方法は大きく4つになります。どの方法が自分に向いているか比較してみてください。「洗濯機」「浴槽洗い」「コインランドリー」「宅配クリーニング」です。それぞれのメリット、デメリットも見ていきましょう。

 

 

自宅の洗濯機で丸洗いする

まずは一番気軽で簡単な方法として、自宅の洗濯機で丸洗いする方法があります。
洗濯表示に「洗濯機で洗える」表示があること、そして自宅の洗濯機に入ることが条件になります。
布団を洗濯するためには、何キロ対応の洗濯機なのか確認する必要があります。
シングルサイズの敷布団なら7〜8kgの洗濯機が理想的。洗濯槽に布団が7、8割程度におさまることがポイントです。それよりもギュウギュウになってしまうと、洗剤がしっかり浸透しないのできれいに洗うことができません。
洗う場合には、布団をすし巻き状にして、ぬるま湯とおしゃれ着用の中性洗剤を入れた洗濯槽に入れます。毛布コースやおしゃれ着用のコースで丁寧に丸洗いします。
乾燥はできるだけ風の通りが良くなるように、竿2本にM字になるように干しましょう。数日天日干しをして乾いたら終了です。

 

メリットとデメリット

自宅の洗濯機で敷布団を洗えるメリットは、お金がかからないことです。
洗濯機に入れてしまえば手洗いする必要もないので楽というメリットもあります。
デメリットは、洗濯機で洗えない布団が多いということです。お金も労力もかからない洗濯機洗いですが、ほとんどの敷布団は洗濯機NGになっています。

 

 

自宅の浴槽で丸洗いする

洗濯機に入らない敷布団や「手洗い」表示のある敷布団の場合には、浴槽で丸洗いするという方法があります。
まず、浴槽にお湯を張り中性洗剤を入れてかきまぜておきます。
その中に布団を沈めたら、1時間ほどつけ置きをした後、足で踏み洗いをしていきます。
水が濁って汚くなったら栓を抜いて流してください。
きれいなシャワーのお湯で流しながら踏み洗いを繰り返します。
洗い終わったら、浴槽の淵に布団をかけて水きりをしましょう。
その後は、洗濯機で洗った時と同じように、竿2本にM字になるようにかけて天日干しします。

 

メリットとデメリット

洗濯機に入らないサイズでも浴槽なら洗うことができるのがメリットです。自分で洗うので、もちろんお金がかからないというメリットもあります。
しかし、非常に重労働ということが一番のデメリットでしょう。踏み洗いをするのは想像以上に大変です。どんどん汚れが出てくるので時間をかけてしっかり洗わなくてはいけません。さらに、乾燥にも時間がかかるのでお天気が良いときを狙わないと生乾きになってしまう恐れもあります。

 

 

コインランドリーで丸洗いする

自宅の洗濯機も手洗いもできない場合にはコインランドリーを利用するという方法もあります。
最近は布団専用の大型洗濯機が置いてある布団洗い対応のコインランドリーが増えています。自宅の近く布団対応のコインランドリーがないか調べてみてください。
自宅の洗濯機で洗う時のように、布団をすし巻き状にして縛り洗濯機に入れます。洗濯機30分〜40分、乾燥機60分が目安です。料金は2,000円程度になります。

 

メリットとデメリット

コインランドリーは大型洗濯機でしっかり洗うことができて、さらに乾燥機で高温乾燥することができます。すっきり乾かすことができてダニ対策にもなるというメリットがあります。そして料金の安さもメリットでしょう。
しかし、デメリットは持ち運ぶのが大変ということです。重い布団をコインランドリーまで持って行き、すし巻き状に縛る必要もあります。また、プロに頼むようなクオリティの高い仕上がりにはならないというデメリットもあります。

 

 

宅配クリーニングで丸洗いする

自宅の洗濯機で洗えない、浴槽で洗うのは大変、近くに布団専門のコインランドリーがないという場合には、宅配クリーニングを利用する方法もあります。
インターネットで申し込みをすると集荷キットが届くので、その中に布団を入れて宅配業者に集荷してもらうだけ。ふかふかになった布団が戻ってくるのです。

 

メリットとデメリット

宅配クリーニングは手間がかからないというメリットがあります。さらに大きなメリットが仕上がりの良さです。布団クリーニングのプロが、手作業により洗い上げてくれるので、新品のようにふわふわになります。
デメリットは料金がかかることです。1枚5,000円以上はかかります。高品質仕上げであれば1枚10,000円を越えることもあるでしょう。
さらにクリーニングに出してから戻ってくるまで2週間前後の時間がかかるというところもデメリットです。

 

 

このように、布団を丸洗いするためには4つの方法があります。
「手間がかかってもお金をかけずに布団をきれいに洗ってみたい」という方は、自宅の洗濯機や浴槽で布団を洗う方法良いでしょう。
近所に布団専門のコインランドリーがある方は、コインランドリーがおすすめです。
「お金がかかっても、簡単気軽に高品質仕上げを体験したい」という方は宅配クリーニングを選ぶのが良いでしょう。
最近は様々なタイプの宅配クリーニングがあるので、チェックしてみてください。
こちらから詳しくご覧頂けます。

 

 

敷布団は汗をたっぷり含んで汚れているかもしれません。長年洗っていない敷布団はダニの糞や死骸などのアレルゲンもたくさん吸い込んでいるので健康面でも良くない状態です。
そんな布団は丸洗いすることが可能です。7〜8kg対応の洗濯機ならシングル布団を洗うことができます。コインランドリーを活用するという洗濯術もあります。さらに宅配クリーニングという便利な方法もおすすめです。
今回ご紹介したそれぞれの特徴やメリットデメリットを考慮して選んでみてください。

 

布団宅配クリーニング10選!

布団の嵩張りや保管するのが大変な布団の管理。そのデメリットを解消すべく布団宅配クリーニング人気を集め多くの業者が参入してきています。今ではの多くの布団宅配クリーニングサービスがあり特徴も一長一短で選ぶのも一苦労。そこで当サイトでは口コミ評判・業者の特徴を比較し、選びやすいようにまとめました。オススメ10選としランキング形式で紹介していますので要チェック!
布団宅配クリーニング