嵩張るダブルやセミダブルの毛布や特に羽毛布団の洗濯方法とは!コインランドリー活用術も紹介

嵩張るダブルやセミダブルの毛布や特に羽毛布団の洗濯方法とは!コインランドリー活用術も紹介

 

シングルサイズの布団や毛布は洗濯機やコインランドリーで洗うことができます。でもダブルやセミダブルの布団、毛布のお手入れはどうすれば良いのでしょうか。特にダブルの羽毛布団はボリュームがあるので洗濯機にギュウギュウ詰め込むわけにいきません。
今回は大きくて嵩張るダブルやセミダブルの洗濯方法、コインランドリー活用術、さらにクリーニング業者に頼む時のポイントについてご紹介したいと思います。

 

 

ダブルやセミダブルの毛布と羽毛布団の洗濯方法は3つ

ダブルやセミダブルの毛布と羽毛布団の洗濯方法は3つ

 

シングルサイズの毛布や羽毛布団は洗うことができても、大きくて嵩張るダブルやセミダブルの寝具は洗濯するのは難しそうです。
セミダブルやダブルの毛布や羽毛布団を洗うことは可能なのでしょうか。
「洗える素材であること」「ダブルサイズが入る洗濯機があること」の条件が揃っていれば、セミダブルやダブルのような大きな寝具も丸洗いすることができます。

 

ダブルやセミダブルの毛布や羽毛布団を洗濯する場合には3つの方法があります。

  1. 「自宅の洗濯機で洗う方法」
  2. 「コインランドリーで洗う方法」
  3. 「クリーニング業者にお願いする方法」

自宅の洗濯機で洗う方法はお金がかからないというメリットがありますが、仕上がりが上手くいかないこともあるというデメリットがあります。
クリーニング業者にお願いすると、非常にふかふかで新品のような布団になって戻ってきます。しかし費用がかかるというデメリットがあります。
コインランドリーは比較的仕上がりが良く、クリーニング料金もリーズナブルなので便利なサービスです。
「洗える素材であること」「ダブルサイズが入る洗濯機があること」の条件に応じて、この3つの洗濯方法を使いわけていきましょう。

 

 

ダブルやセミダブルの毛布と布団の洗える素材とは?

ダブルやセミダブルの毛布と布団の洗える素材とは?

 

寝具を洗う時にはまず洗える素材であることを確認することが大切です。寝具はとてもデリケートな素材で作られているため、丸洗いすると縮んでしまったり、弾力がなくなって元に戻らないことがあります。
毛布も羽毛布団も洗える素材か確認するためには、洗濯表示をチェックすればOKです。
洗濯機で洗える洗濯マークがあれば洗濯機やコインランドリーで洗うことができます。もちろんクリーニング業者もOKです。

 

洗える布団の素材は?

洗える布団の素材は羽毛やポリエステルです。
特にポリエステルは水に強く乾きやすい特性があるので、洗濯機のサイズがダブルやセミダブルに対応していれば、家庭用洗濯機でも楽に洗うことができるでしょう。
羽毛布団はデリケートな素材なので、水洗いOKの場合でも、洗い方や使用する洗剤に注意が必要です。

 

洗えない布団の素材は?

シルクやウールが使われている布団は洗うことができません。無理に洗うと縮んでしまうでしょう。
また羽毛やポリエスの素材であっても、ノンキルトの布団は洗うことができません。キルティング加工されていないと、洗っているうちに布団が偏ってしまい元に戻らなくなります。
これらの布団は自宅の洗濯機、コインランドリーで洗うことはできません。
布団クリーニング業者でも基本的にはNGですが、専門性の高い布団クリーニング業者の場合には丸洗いできることもあります。

 

洗える毛布の素材は?

ポリエステル、綿、マイクロファイバーなどの素材の毛布は洗うことができます。
しかし、ポリエステルでも洗濯不可の洗濯マークがある毛布もあります。その場合は手洗いをするようにしてください。

 

洗えない毛布の素材は?

洗えない毛布の素材はウール、キャメル、カシミア、シルク、マイヤーなどです。これらの素材もとてもデリケートなので洗濯機で洗うとシワになったり縮んでしまいます。どれも高級な素材ばかりなので、間違って洗って失敗することがないように気を付けましょう。
自宅の洗濯機、コインランドリー、布団クリーニング業者、全てにおいてNGです。

 

このように、ダブルやセミダブルの布団や毛布を洗おうと思ったら、まず洗える素材なのか確認することが大切です。洗濯表示に従って正しい洗濯方法で洗いましょう。

 

 

ダブルやセミダブルの毛布や羽毛布団が入る洗濯機とは?

ダブルやセミダブルの毛布や羽毛布団が入る洗濯機とは?

 

ダブルやセミダブルの寝具を洗う時には、洗える素材か確認することが大切です。でも、洗えるか否かだけを確認するだけでは不十分。
ダブルやセミダブルの寝具を洗える大きさの洗濯機があるかということが重要なのです。

 

洗濯槽の7割におさまる量にする

「洗える大きさ=洗濯槽に洗濯ものが入る大きさ」ではありません。
布団や毛布をギュウギュウ詰めることができればOKではないのです。ギュウギュウに入れて洗濯ができたとしても、洗剤が全体に行き渡らない、均一に洗うことができない、布団や毛布、洗濯槽が傷んでしまうというデメリットがあります。
布団も洗濯機もダメージを受けてしまいます。布団や毛布も汚れがすっきり取れないので洗ってもあまりきれいになりません。
洗濯槽に対して7割の容量に布団や毛布がおさまるのが理想的なのです。それくらいスペースに余裕があれば布団や毛布をきれいに洗うことができて傷めることもないでしょう。

 

ダブル、セミダブルの毛布が入る洗濯機は?

ダブル、セミダブルの毛布の場合、家庭用洗濯機で洗うことが可能です。
毛布は1枚仕立てと2枚仕立てのタイプがあります。2枚仕立てのほうがボリュームがあるので、大きな洗濯機が必要になります。
タテ型の洗濯機で1枚仕立ての毛布を洗濯&脱水をするのであれば7kgの洗濯機が理想的。
2枚仕立ての毛布の場合は8kgが理想になります。
ドラム式洗濯機で1枚仕立ての毛布を洗濯&乾燥までする場合は12kgの洗濯機が必要になります。
2枚仕立ての毛布の場合は12kg以上の洗濯機が必要になりますが、家庭用で12kg以上のドラム式洗濯機はなかなかありません。コインランドリーを利用するのが無難でしょう。

項目 1枚仕立て毛布 2枚仕立て毛布
タテ型洗濯機 7kg 8kg
ドラム式洗濯機 12kg

 

ダブル、セミダブルの羽毛布団が入る洗濯機は?

ダブル、セミダブルの羽毛布団の場合、家庭用洗濯機で洗うことは難しいでしょう。
ダブル、セミダブルの羽毛布団はとても嵩張って大きいです。この大きな布団を、余裕を持って入れることができる洗濯機は20kg〜25kgになります。
業界最大と言われる家庭用洗濯機でも12kgとなっているのでダブルサイズは無理でしょう。
また、どのコインランドリーにも25kgの大型洗濯機が置いてあるわけではありません。
布団などの大物洗濯ができる大型洗濯機を設置しているコインランドリーを探しましょう。

 

 

ダブルやセミダブルの毛布や羽毛布団の洗濯方法について

ダブルやセミダブルの毛布や羽毛布団の洗濯方法について

 

ダブルやセミダブルの毛布や羽毛布団の洗濯に関して、「洗える素材であること」「ダブルサイズが入る洗濯機があること」の条件に応じて、洗濯機、コインランドリー、布団クリーニングを利用するという流れをご紹介してきました。
それでは最後に3つの洗濯方法についてご説明しておきたいと思います。

 

洗濯機

ダブルやセミダブルの羽毛布団を家庭用洗濯機で洗うことはできませんが、毛布なら洗うことができます。
毛布を傷めないように大型ネットに入れて洗濯するのがおすすめです。
おしゃれ着用などの中性洗剤を使い、毛布コースなどの弱いコースを選択して丁寧に洗いましょう。
汚れやシミがある場合には、洗濯機で洗う前にブラシなどでシミ抜きをしておくと効果的に汚れを落とすことができます。
また、毛布全体に洗剤が行き渡るように、途中で一時停止してつけ置きしながら洗うと効果的です。
干す時には2本の竿に毛布をM字にかけるようにして干すときれいに仕上げることができます。

 

コインランドリー

ダブルやセミダブルの毛布、羽毛布団ともにコインランドリーで洗うことができます。
毛布はそのままで大丈夫ですが、羽毛布団はボリュームがあって嵩張るので、すし巻き状にしてから紐で数か所とめて固定した状態にして洗濯機に入れます。こうすることで洗濯機の中で布団がぐちゃぐちゃに偏ることを防げるのです。
洗濯と乾燥の時間の目安は30分〜40分、乾燥の目安は50分〜60分になります。
しかし乾燥に関しては、目安時間を乾燥させてもまだ乾ききらない場合には追加で乾燥させるようにしましょう。生乾きの状態がカビやダニの原因になるので絶対NGです。
コインランドリーでは高熱乾燥が可能です。これにより布団や毛布のダニを死滅されることができる効果があるので、しっかり乾燥処理をしましょう。

 

布団クリーニング業者

家庭用洗濯機、コインランドリーで洗えない布団や毛布は、布団クリーニング業者に頼むことになります。
また、家庭用洗濯機やコインランドリーで洗える布団は毛布であっても、時間や手間を省きたい場合にはプロにお願いするのが一番でしょう。
クリーニング業者を選ぶ場合のポイントをご説明したいと思います。

 

・ダブルやセミダブル対応のクリーニング業者を選ぶ
全ての布団クリーニング業者がダブルやセミダブルの毛布、羽毛布団を扱っているわけではありません。
まず、ダブルやセミダブルの毛布や布団対応であることを確認します。
さらに、シングルもダブルもクリーニング料金が変わらない業者があるので探してみると良いでしょう。
大きな洗濯機を使っていること、布団を専門に扱っているクリーニング業者だと安心です。

 

・宅配クリーニングがおすすめ
ダブルやセミダブルの寝具はとても重くて大変です。クリーニング店舗に持ち込むのは重労働です。持っていく、持って帰ってくると、2回苦労しなければいけないのです。そこでおすすめなのが宅配クリーニングです。自宅に居ながらにしてクリーニングサービスを受けられる便利なクリーニングとなっています。忙しい方、子育て中の方、ご年配の方などに大好評となっているクリーニングサービスです。
こちらから、どんな布団宅配クリーニングがあるかチェックしてみてくださいね。

 

 

今回は、セミダブル、ダブルの寝具について考えてきました。毛布や羽毛布団のセミダブルやダブルはとても大きく嵩張るものなので、洗濯することはできないと思っている方が多いです。でも、家庭用洗濯機でもコインランドリーでも布団クリーニングでも洗うことが可能となっています。洗える素材かどうか、布団や毛布が入る洗濯機かどうかを確認した上で上手に洗濯していきましょう。大きなサイズの寝具におすすめなのは、自宅に居ながらにしてクリーニングしてもらえる宅配クリーニングです。

 

布団宅配クリーニング10選!

布団の嵩張りや保管するのが大変な布団の管理。そのデメリットを解消すべく布団宅配クリーニング人気を集め多くの業者が参入してきています。今ではの多くの布団宅配クリーニングサービスがあり特徴も一長一短で選ぶのも一苦労。そこで当サイトでは口コミ評判・業者の特徴を比較し、選びやすいようにまとめました。オススメ10選としランキング形式で紹介していますので要チェック!
布団宅配クリーニング