マットレスの洗濯方法!ダニやカビ・汚れを除去する綺麗なマットレス生活を!

マットレスの洗濯方法!ダニやカビ・汚れを除去する綺麗なマットレス生活を!

 

布団は天日干しすることができますが、マットレスは外に干すことはできません。布団と同じようにマットレスにもダニやカビや汚れが溜まっていきますが、簡単にメンテナンスすることができないのです。だからベッドは不衛生な感じがしてしまう…という方も多いと思います。お子様がおねしょしてしまったり、間違って飲み物をこぼしてしまった時なども非常に困ります。汚れたマットレスはどうやってきれいにすれば良いのでしょうか。
今回はマットレスの洗濯方法について考えたいと思います。

 

 

マットレスはダニ・カビ・汚れが溜まっている!

マットレスはダニ・カビ・汚れが溜まっている!

 

マットレスは目立った汚れがなければきれいな状態に見えます。
しかし、きれいに見えるマットレスも実は色々なもので汚れているのです。

 

汗や皮脂

マットレスは直接肌に触れるものではないので、汗が染みこむことはないように見えます。
でも人は一晩にコップ1杯もの汗をかくのです。だから、シーツやカバーをしていてもマットレスまで汗や皮脂は染み込んでしまいます。
敷布団のように天日干しすることがないので、汗や皮脂は蓄積されてしまうのです。
汗や皮脂は臭いや湿気の原因となり安眠の妨げになってしまうでしょう。
さらに皮脂はダニの餌となるため、ダニの増殖の原因にもなってしまいます。

 

ダニやカビ

マットレスはダニが増殖する要素が揃っています。ダニは高温多湿の環境を好みます。汗の湿気を体温で蒸された状態のマットレスはダニにとって最高の環境となるのです。さらに、ダニの餌となる皮脂やほこりなども豊富にあるため、そのままにしておくとどんどんダニが増えてしまうかもしれないのです。
またカビも湿気の多い環境により増殖します。天日干しできる布団よりもマットレスのほうがカビやすいと言えるのです。
ダニはアレルギーの原因になったり、カビは呼吸器疾患の原因になる可能性があるので注意が必要です。

 

ペットや子どものおしっこ

マットレスについてしまう汚れとして一番困るのが、ペットのおしっこや子どものおねしょではないでしょうか。
すぐに染み込んでしまうので、すぐに拭き取ろうとしてもなかなかきれいにしることが難しいです。
臭いやシミがとれない場合には買い替えを考えなければいけないでしょう。
また、シミが目立たない場合でもマットレスの内側に汚れが溜まっていることがあるので、きちんと対処しなければなりません。

 

このように、マットレスは色々なもので汚れてしまうものです。
健康や毎日の安眠のためにも、清潔で気持ち良い状態に戻さなくてはいけません。

 

 

マットレスは素材によって洗濯することができる!

マットレスは素材によって洗濯することができる

 

マットレスには、ダニ、カビ、おしっこ汚れなど様々な汚れが蓄積しているかもしれません。
でもマットレスは洗えないものだから仕方ないと思っていませんか?
実はそうではありません。素材によって洗濯できるマットレスもあるのです。

 

 

どんなマットレスのタイプがあるの?

まず、どんなマットレスのタイプがあるのか知るところからはじめましょう
一般的なマットレスは以下の5つのタイプに分けられます。

 

・スプリングマットレス
スプリングが内蔵されている定番のマットレスです。
空気の通り道が確保されているので通気性に優れています。

 

・高反発ウレタンのマットレス
跳ね返す力が強く、姿勢良く寝ることができるマットレスです。
水に弱い性質があります。

 

・低反発ウレタンのマットレス
フィット感があり心地良く眠ることができる低反発ウレタンは、根強い人気があるマットレスです。

 

・高反発ファイバー
ほどよい硬さがあり体への負担が少ないとされるマットレスです。側生地を取り外せるタイプになっています。

 

・綿のマットレス
綿を使ったマットレスは通気性が良く蒸れないというメリットがあります。さらに綿には吸水性があるので、汗をかいてもサラリとした触り心地になります。

 

このようにマットレスには、素材によって5つのタイプのわけることができます。
それではこの中で洗濯できるマットレス、洗濯できないマットレスについて見ていきましょう。

 

 

洗濯できるマットレスは?
項目 丸洗い タオルで叩き洗い クリーニング業者
スプリング ×
高反発ウレタン ×
低反発ウレタン × ×
高反発ファイバー
綿
項目名1 項目2 項目3 項目4

「洗える」と一口に言っても、様々な洗い方があります。
大きく3つの洗い方があります。

  1. 1つは「丸洗い」です。マットレスは洗濯機で丸洗いすることはできませんが、浴槽のお湯をはって洗うことができます。
  2. 2つ目は「叩き洗い」です。洗剤と水を含ませたタオルで叩き洗いする方法です。
  3. 3つ目は「クリーニング業者」に洗ってもらう方法です。
  4. 上記のように丸洗いできるのは高反発ファイバーと綿のマ
ットレスだけ。それ以外のマットレスは自分で水洗いすることはできません。

叩き洗いは基本的にどの素材のマットレスでもOK。
クリーニング業者は、スプリングと綿は可。高反発ウレタンと高反発ファイバーは業者にとって対応可の場合があります。

 

 

マットレスの洗濯方法は?

マットレスの洗濯方法は

 

それでは具体的にどのようにして「丸洗い」「叩き洗い」「クリーニング業者」によってマットレスを洗っていくのか見ていきましょう。

 

 

マットレスを丸洗いする

高反発ファイバーと綿のマットレスは自分で丸洗いすることが可能です。
使用する洗剤と、高反発ファイバーマットレス、綿マットレスそれぞれの丸洗い方法をご説明していきます。

 

洗剤について

マットレスの素材はとてもデリケートなので、衣服用の洗剤を使うと傷めてしまう場合があります。
マットレスを丸洗いする時には、中性洗剤を使います。おしゃれ着用の洗剤のことです。

 

高反発光ファイバーの洗い方について

化学繊維である高反発ファイバーは水に強いので、あまり気を遣わずに洗うことができます。
浴槽にお湯をはり、中性洗剤を入れたら、その中に高反発ファイバーマットレスを入れてジャブジャブ洗いましょう。

 

綿のマットレスの洗い方について

綿のマットレスの場合も同様に、浴槽にお湯と中性洗剤を入れます。その中に綿のマットレスを入れたら、足で踏み洗いをします。
綿は傷みやすい素材なので、やさしく踏み洗いをしてください。
お湯が汚くなったら、お湯を抜いて、またシャワーで洗います。これを何度か繰り返してきれにしていきます。
洗い終わったら浴槽のふちに布団をかけて水を切りましょう。

 

どちらのマットレスも洗い終わったら陰干しして完全に乾燥させます。せっかくきれいに洗っても、生乾きの状態で使用してしまうとカビやダニの原因となってしまうので気を付けてください。

 

 

マットレスをタオルで叩き洗いをする

マットレスをタオルで叩き洗いをする

 

丸洗いできないマットレスの場合、または洗えるマットレスでも部分的に汚れてしまった場合には叩き洗いをします。
叩き洗いの流れをご説明しましょう。

 

 

洗剤について

マットレスを叩き洗いする時には、使用する洗剤が重要になります。丸洗いするのではなく叩いて汚れを取らなくてはいけないので、より効果的な洗剤が必要になるのです。さらに、洗ってすすぐことができないので、肌に刺激が強い洗剤は使いたくありません。
マットレスを叩き洗いする時には以下の4つの洗剤がおすすめです。

 

重曹やセスキ炭酸ソーダ

おしっこなどの汚れはアルカリで分解される性質があるため、アルカリ性の重曹やセスキ炭酸ソーダを使うと効果的です。無臭で低刺激なので安心というメリットもあります。
水100mlに重曹小さじ1を溶かした重曹水、水500mlにセスキ炭酸ソーダ小さじ1を溶かしたセスキ炭酸ソーダ水を作ります。

 

液体酸素系漂白剤

シミなどの汚れを落とすためには液体酸素系漂白剤がおすすめ。漂白剤なのでしっかりシミを落としつつも、塩素系漂白剤のような刺激臭がありません。
叩き洗いに使う時には水に液体酸素系漂白剤を入れて薄めた状態にして使います。

 

中性洗剤

おしゃれ着用洗剤です。
丸洗いの時と同様に中性洗剤を使うのも効果的です。マットレスも肌にも刺激が少ないというメリットがあります。
叩き洗いに使う時には水に中性洗剤を入れて薄めた状態にして使います。

 

 

洗い方について

次に洗い方についてご説明していきましょう。

 

洗剤と水を含んだタオルを準備する

上記の洗剤いずれかにタオルを入れて軽く絞ります。

 

叩き洗いをする

ぬれたタオルで汚れた部分を叩き洗いします。
タオルが汚れを吸収するように何度もタオルを洗剤水で濡らして叩き洗いをしましょう。
歯ブラシなどで汚れを擦るのも効果的です。

 

洗剤を取り除く

汚れがなくなってきたら、今度洗剤入りの水ではなくきれいな水でタオルをぬらします。洗剤がなくなるまで叩いて洗剤を落としていきます。

 

水分をとる

乾いたタオルで水分を吸収します。

 

乾燥させる

叩き洗いが終わったら、しっかり乾燥させなければいけません。
ドライヤー、布団乾燥機で乾かすのがおすすめです。さらに、窓ぎわに立てかけておくなどして、完全に乾くまで待ちます。

 

このような叩き洗いなら、どんなマットレスにもすることができます。
マットレスを汚してしまった時の応急処置として覚えておくと便利です。

 

 

マットレスをクリーニング業者にお願いする

マットレスをクリーニング業者にお願いする

 

マットレスクリーニングの場合は、クリーニング店に持ち込みをしたり、宅配クリーニングに出すのではありません。
マットレス専門のクリーニング業者に来てもらい、そのまま自宅でクリーニングしてもらうのです。
このマットレスの出張クリーニングはメディアでも話題となっているのですが、「どのようにして利用すればわからない」「実際にどんなクリーニングをするのかわからない」という方も多いと思います。
利用方法、クリーニング方法についてご説明しましょう。

 

 

利用方法について

まずマットレスの出張クリーニングをしてくれる業者を探しましょう。
いくつかの業者に電話やメールで問い合わせをして、見積りを出してもらった上で比較検討すると良いでしょう。
シングルサイズのマットレスの相場は8,000円〜15,000円ほどになります。
お願いする業者が決まったら日程調整を行います。当日は1〜2人のスタッフが訪問して約2〜3時間で作業を行います。
女性のお客様は女性スタッフをお願いできる業者もあります。

 

 

洗い方について

一般的な作業の流れは以下のようになります。

 

汚れを掃除機で吸引

専用の掃除機で布団表面のほこりやダニなどを取り除きます。

 

洗剤散布

マットレスの上に専用の洗剤を散布していきます。

 

高温スチーム噴射

高温スチームでダニを死滅させます。

 

ブラッシング&吸引

汚れを浮かせるためにブラッシングしていきます。
浮き上がった汚れをバキュームで吸引します。

 

消臭、除菌

きれいになったマットレスの表面に除菌剤、抗菌剤消臭を噴射します。

 

7.乾燥

赤外線乾燥などを使ってマットレスを乾かしていきます。

 

このように時間と手間をかけてクリーニングすることで、マットレスは驚くほどきれいになります。
金額は正直高いですが、マットレスを買い替えることを考えると安いとも言えるでしょう。

 

 

側生地を洗う

側生地を洗う
最後にご紹介するのは側生地についてです。マットレスは側生地(カバー)が取り外せるタイプのものがあります。
側生地は洗濯機で丸洗いすることが可能です。
中性洗剤を使い「毛布コース」などでやさしく洗ってください。
側生地は簡単に洗うことができるので、頻繁に洗濯してマットレスに汚れが蓄積しないようにしていきましょう。

 

 

汚れが溜まったマットレスは洗ってきれいにしましょう

汚れが溜まったマットレスは洗ってきれいにしましょう

 

マットレスは干せないもの、洗えないものと決めつけている方は多いでしょう。
でも、今回ご紹介したように様々な方法で洗うことが可能なのです。汚れたマットレスをそのままにせずにきれいにしていきましょう。
マットレスを選ぶ時には、洗い方も確認してから決めると良いかもしれません。
ダニやカビのないきれいなマットレスで心地良い眠りを手に入れることができるはずです。

 

布団宅配クリーニング10選!

布団の嵩張りや保管するのが大変な布団の管理。そのデメリットを解消すべく布団宅配クリーニング人気を集め多くの業者が参入してきています。今ではの多くの布団宅配クリーニングサービスがあり特徴も一長一短で選ぶのも一苦労。そこで当サイトでは口コミ評判・業者の特徴を比較し、選びやすいようにまとめました。オススメ10選としランキング形式で紹介していますので要チェック!
布団宅配クリーニング