羽毛や羊毛・ポリエステルの掛け布団は自宅でも洗濯可能!ふわふわに仕上げるには!

羽毛や羊毛・ポリエステルの掛け布団は自宅でも洗濯可能!ふわふわに仕上げるには!

 

少し前までは布団は洗えないものとされていました。布団の素材は羽毛や羊毛などデリケートなものばかり。側生地も傷みやすいので洗うことは難しかったのです。ところが最近は洗剤や洗濯機の進化によって、布団を丸洗いすることが可能になっています。
今回は自宅で行う布団の洗濯方法、注意点などにについてご紹介したいと思います。

 

 

羽毛、羊毛、ポリエステルの掛け布団は自宅で洗うことができる!

羽毛、羊毛、ポリエステルの掛け布団は自宅で洗うことができる

 

ほとんどの方が使っている掛け布団は羽毛、羊毛、ポリエステル素材でしょう。
この3つの素材の布団は自宅で洗える場合があります。クリーニング業者に出さなくてお自宅で丸洗いするという選択肢もあるのです。
しかしデリケートな素材であることは確かなので、注意して洗わなくてはいけません。
羽毛布団は、羽の油分が奪われすぎてしまうと羽毛本来のふわふわ感が損なわれてしまいます。油分を奪ってしまう強い洗剤ではなくやさしい洗剤を使いましょう。
羊毛布団は、水に濡れると縮みやすい性質があります。布団に負担をかけないようにやさしく洗うことが重要です。
そのため、羽毛布団と羊毛布団を洗う時には布団にやさしい洗剤を使って、やさしく洗うことが重要です。
ポリエステルは比較的頑丈な素材なので羽毛布団や羊毛布団よりは、気軽に洗うことができるでしょう。

 

 

羽毛、羊毛、ポリエステルの掛け布団の洗い方について

羽毛、羊毛、ポリエステルの掛け布団の洗い方について

 

それでは実際にどのようにして布団を洗えば良いのでしょうか。
大きな布団を洗うのは重労働です。しかも洗い方を間違えて失敗してしまう可能性も高いです。適当にやって時間も労力も無駄にしてしまうことがないように、しっかり正しい洗い方を頭に入れてから行いましょう。

 

 

準備をする

慣れない布団を洗う際には、きちんと準備することが大切です。
「洗える布団なのか確認する」「洗う方法を決める」「洗う洗剤を準備する」「洗濯ネットを準備する」「天気を確認する」ことからはじめましょう。

 

洗える布団なのか確認する

洗濯表示を確認して「洗濯機マーク」「手洗いマーク」「水洗いマーク」があれば自宅で洗うことが可能です。
「水洗い不可」であれば布団クリーニング業者にお願いしましょう。
「水洗い不可」の表示があっても、プロの技術と設備があれば水洗いできる場合がほとんどです。
羊毛は水を加えると縮みやすいので要注意。羊毛100%の布団は洗濯表示に関係なく自宅で洗うのは控えたほうが良いでしょう。
さらに、布団の状態も確認します。側生地が破けていたり破けそうになっていると、洗う工程で中わたが飛び出してきてしまう恐れがあります。劣化した部分がないか確認してから洗うようにしましょう。

 

洗う方法を決める

自宅で布団を洗う方法は2種類あります。
洗濯機で洗う方法と、浴槽に入れて手洗いする方法です。
洗濯機に入る大きさの布団であれば洗濯機で丸洗いしましょう。
5kgの洗濯機ならシングルサイズの布団を洗うことができます。この時注意していただきたいのが、洗濯機の中に布団をギュウギュウ入れてはダメということです。スペースに余裕がないと布団が傷んでしまいます。
洗濯機に布団を入れて7〜8割程度になるのが理想です。洗濯機に布団が入ればOKというわけではないので注意してください。
洗濯機に入らない場合は浴槽で洗うようにします。

 

洗う洗剤を準備する

布団を洗う時には布団にやさしい中性洗剤を使いましょう。
普通の衣服用の洗剤は弱アルカリ性です。弱アルカリ性は優れた洗浄力があり、皮脂汚れなどの油汚れに強い性質があるのですが、布団を傷めることになってしまいます。
デリケートな素材の布団を洗う時には中性洗剤が向いているのです。
中性洗剤はおしゃれ着用洗剤として販売されているものです。普段から使っている方もいるかもしれませんね。

 

洗濯ネットを準備する

布団が洗濯機の中でぐちゃぐちゃにならないように洗濯ネットに入れて洗う必要があります。1,000円前後で寝具用の洗濯ネットが販売されているので準備しておくと便利です。何度も繰り返し使うことができて、毛布やシーツなどの寝具にも使えるので、1つあると便利です。
ホームセンターや通販で買うことができます。

 

天気を確認する

準備として最も重要なことがお天気です。
丸洗いした布団はなかなか乾きません。3日ほど天日干しする必要があるのです。
洗ったその日はお天気が良くても、それ以降雨が降ってしまうと部屋干しすることとになってしまいますが、なかなか乾きません。すぐに乾かさないとカビの原因を作ってしまうことにもなるので、必ずお天気が続く日を狙って洗濯計画を立てましょう。

 

このように布団を洗う前には「洗える布団なのか確認する」「洗う方法を決める」「洗う洗剤を準備する」「洗濯ネットを準備する」「天気を確認する」の5つの準備をしておくことが必要です。これをしっかりしておけばスムーズに布団洗濯することができるでしょう。

 

 

洗う:洗濯機の場合

次に実際に洗う方法をご説明していきます。
まずは洗濯機で洗う場合です。

 

布団を折りたたんでネットに入れる

洗濯機に布団がきれいに入るように折りたたんでネットに入れます。
コツはくるくる巻いていくことです。これで簡単にきれいに畳むことができます。
布団を縦に3つ折りにしたら、くるくるとすし巻き状態にしていきます。空気を抜くようにして巻いていくのがポイントです。特に羽毛布団は空気をたくさん含んでいるので、空気を抜いて畳むと意外とコンパクトにすることができます。
ネットに入れたら出来上がりです。

 

洗濯機にぬるま湯を準備する

普通の洗濯のように布団を入れてから水と洗剤を投入すると、布団に均一に洗剤が行き渡りません。
そこで洗濯機の中にぬるま湯を張ってから洗剤を入れて、そこへ布団を入れるようにします。水ではなくぬるま湯を準備するようにしましょう。

 

つけ置きをする

汚れをよく落とすために、少しの間つけ置きしておきます。布団を入れたあとに、少しだけ洗濯機を回したら、10分〜20分置いておきましょう。

 

洗濯を開始する

 

手洗いコース、毛布コースなど、おしゃれ着用のコースで洗濯を開始します。
つけ置きが終わったら
コース選択をして洗い始めます。

 

 

洗う:浴槽編

次は浴槽で洗う方法をご説明していきます。
洗濯機より手間はかかりますが、洗った充実感を得られるでしょう。

 

布団を折りたたむ

浴槽の大きさに合わせて布団を折りたたみます。4つ折りにするとちょうど良いでしょう。

 

浴槽にぬるま湯を準備する

浴槽にぬゆま湯を半分くらいまで入れて洗剤を入れます。残り湯でもOKです。洗剤が均等になるようにかき混ぜてから布団を入れてください。

 

つけ置きをする

布団を入れたら30分ほどつけ置きをしておきます。これにより汚れを効率良く落とすことができます。

 

ふみ洗いをする

大きな布団を手洗いするのは大変です。
布団を洗う時には足でふみ洗いすると良いでしょう。
ふみ洗いをはじめると、すぐに浴槽の水が汚くなるので3回ほど水を入れ替えてふみ洗いを続けます。

 

水をきる

水で丸洗いした布団は水分をたっぷり吸収しているためそのまま干場へ持って行くことはできません。
浴槽のふちにかけて1時間ほど水切りをしましょう。

 

 

干す

洗濯機で洗った場合も浴槽で洗った場合も干し方は同じになります。
ふかふかに仕上げるためには、干し方がとても重要になってくるのでしっかり覚えてくださいね。

 

整える

まず中わたが偏らす均等になるように整えます。偏ったまま乾燥してしまうとふわふわの弾力が戻らなくなってしまいます。

 

2本の洗濯竿にかける

洗い終わった布団は水分を含んで非常に重くなっています。そのため洗濯竿1本に布団をかけると中わたが偏りやすくなります。重さを分散させるために2本の竿にM字になるようにかけるようにします。風の通りも良くなるので乾きも早くなるのです。

 

中わたをほぐす

ふんわり仕上がるためには、洗って固くなった中わたをほぐすことが必要です。干している間に何度か布団をぽんぽん優しく叩くようにして中わたをほぐすようにしてください。

 

いかがでしたでしょうか。このように、準備、洗う、干すの3ステップで布団を洗うことができます。長年溜まった汚れを落とすことですっきり気持ち良い布団に生き返るはずです。

 

 

羽毛、羊毛、ポリエステルの掛け布団を自宅で洗うメリットとデメリットは?

羽毛、羊毛、ポリエステルの掛け布団を自宅で洗うメリットとデメリットは?

 

自宅で布団を洗う方法について詳しくご説明してきました。
「これなら自分でもできそう」と挑戦してみたいと思う方もいるでしょう。
確かに今回ご紹介した方法で布団を自宅で洗うことは可能です。しかし、自宅での布団洗いにはデメリットもあるのです。
以下のようなメリットとデメリットを考慮した上で実践するようにしてください。

 

 

メリット

自宅で洗うことでこのような大きなメリットがあります。

 

・お金がかからない
布団をプロにクリーニングしてもらう場合には、5,000円〜10,000円のクリーニング代がかかります。
自分で洗うなら、洗剤やネットを買いそろえたとしても大きな出費にはなりません。
お金がかからないということが、自宅で布団を洗う大きなメリットです。

 

・好きな時に洗える
布団クリーニングは時がかかります。1ヶ月近くかかることも珍しくありません。
おねしょしてしまった布団をすぐに洗いたい、急な来客のために布団を洗いたいなどの急を要する場合には布団クリーニングは不便かもしれません。
自宅で洗う場合は、数日あれば洗って乾かすことができます。短期間で、自分の好きなタイミングでできるのがメリットです。

 

 

デメリット

「お金がかからない」「自分の好きな時に洗える」という大きなメリットはありますが、以下のようにデメリットも多いのです。

 

・うまく仕上がらないことがある
今回ご紹介した方法で、きれいに汚れや臭いが落ちて、ある程度ふわふわに仕上げることはできます。
でも、布団は普通の衣服と違いデリケートな素材なのでうまく仕上がらないこともあるのです。
きれいに洗えたとしても、お天気が悪くなってしっかり乾燥させることができなかったり、思うようにシミがとれないこともあります。
結局うまくいかずに後悔してしまうケースもあるのです。
一方、プロのクリーニングはふわふわに仕上げる復元力や、シミや汚れの除去力が全然違います。
大切な布団を傷めたくない、きれいに仕上げたいという場合はやはりプロの頼むのが良いかもしれません。

 

・労力と時間がかかる
布団を洗うのはなかなかの重労働になります。洗濯機を使ったとしても、布団を畳んで入れたり、干したりするのは大変なものです。ボリュームのある布団であればなおさら大変でしょう。
さらに時間もかかります。しっかり乾燥させるためには数日かかるので、働いている方は長期休みの時にする必要があるでしょう。

 

このように、布団を自宅で洗うことはメリットもデメリットもあります。
「汚れた布団をすぐになんとかしたい」「とにかくお金をかけずに洗いたい」「失敗しても良いから洗ってみたい」という場合は自宅で洗うのがおすすめです。
でも「大切な布団をしっかりきれいにしたい」「時間と労力をかけずにきれいにしたい」という方には向いていないかもしれません。

 

 

羽毛、羊毛、ポリエステルの掛け布団の自宅洗い以外のおすすめ方法は?

羽毛、羊毛、ポリエステルの掛け布団の自宅洗い以外のおすすめ方法は

 

布団を自宅で洗うのは、メリットだけでなくデメリットもあります。
そこでおすすめしたいのが以下の2つの方法です。

 

布団のつまみ洗いをする

お子様のおねしょや鼻血などで布団が汚れてしまった時、丸洗いをするのは大変、でもクリーイングに出すのはお金もかかるし、すぐに戻ってこない…ということがあるでしょう。
そんな時は、応急処置として布団のつまみ洗いがおすすめです。
汚れた部分だけをつまんで洗い乾燥させます。範囲が狭いのでドライヤーで乾燥させることができるので数日干す必要はありません。布団を傷めてしまう心配もないでしょう。
お金も時間もかからないのでおすすめの方法です。

 

 

布団宅配クリーニングを利用する

布団宅配

 

「自宅で布団を洗ってみたいけれどきれいに仕上げる自信がない」という場合は布団宅配クリーニングに出してみると良いでしょう。
宅配クリーニングなら近所に布団を洗ってくれるクリーニング店がなくても大丈夫。全国どこからもでも利用できる便利さがあります。自宅に居ながらにして布団クリーニングをしてもらえるのです。
クリーニング料金はかかりますが、プロの仕上がりに満足できるでしょう。
どんな宅配クリーニングがあるのか、こちらからチェックすることができます。

 

 

布団は洗えないものから洗えるものという常識に変わってきています。しかも自宅で丸洗いすることも可能なのです。今回ご紹介した方法でぜひ布団の丸洗いに挑戦してみてください。
しかし、自分で洗うのはお金がかからないメリットもありますが、同時にプロのように仕上げることはできない等のデメリットもあります。そんな時には布団宅配クリーニングという便利なサービスもあるので、検討してみると良いでしょう。

 

布団宅配クリーニング10選!

布団の嵩張りや保管するのが大変な布団の管理。そのデメリットを解消すべく布団宅配クリーニング人気を集め多くの業者が参入してきています。今ではの多くの布団宅配クリーニングサービスがあり特徴も一長一短で選ぶのも一苦労。そこで当サイトでは口コミ評判・業者の特徴を比較し、選びやすいようにまとめました。オススメ10選としランキング形式で紹介していますので要チェック!
布団宅配クリーニング