部屋が汗や悪臭が、臭いの原因は布団?布団(特に羽毛)をいい匂いにする方法!

部屋が汗や悪臭が、臭いの原因は布団?布団(特に羽毛)をいい匂いにする方法!

 

一日の疲れを癒す寝室は心地良い空間であってほしいものです。でも、嫌な臭いがしてぐっすり眠れない…という方はいませんか?
寝室の中が汗の臭いや悪臭がする場合、その臭いの原因は布団にあるのかもしれません。
そこで今回は、布団の臭いを消していい匂いにする方法、臭いをやわらげ方法ついて考えていきたいと思います。布団も寝室もいい匂いになって、心地良い眠りを手に入れましょう。

 

 

部屋の臭いの原因は布団にある

部屋の臭いの原因は布団にある

 

寝る部室が臭い…という時には、布団に原因がある可能性が高いです。1日の3分の1を過ごす布団には汚れが溜まります。その汚れが臭いを発してしまうのです。
さらに日中は寝室の空気はあまり動きません。
リビングやキッチンは人が頻繁に移動するので空気の動きがあり、比較的臭いが溜まることがありません。しかし、寝室は空気が動かないので臭いが溜まりやすいのです。布団から発される臭いはそのまま寝室に蓄積され続けてしまうでしょう。

 

 

布団の臭いの原因は2つある

布団の臭いの原因は2つある

 

寝室の臭いの原因は布団にある可能性が高いです。
それでは布団はどうして臭くなるのでしょうか。
布団と寝室をいい匂いにするためには、臭いの原因を突き止める必要があります。
羽毛布団の場合を考えると、布団の臭いの原因は「汗の臭い」「羽毛の臭い」です。
それぞれの臭いの特徴を知り、臭いをいい匂いにする方法、さらに臭い予防対策をしていきましょう。

 

 

汗の匂いのついた布団をいい匂いにする方法は?

人は1晩にコップ1杯もの汗をかきます。
汗は体温を下げる働きがあります。人は眠っている間、体温を下げることにより深い眠りにつこうとするので大量の汗をかくのです。そのため布団にはいつの間にか汗がたくさん染み込んでしまいます。
汗は分泌された時は無臭なのですが、皮膚常在菌と作用することにより酸化、分解されて不快な臭いを発するようになります。
そのため、布団は汗で臭くなりやすいのです。
汗で臭くなってしまった布団は、以下の方法でいい匂いに変えていきましょう。

 

・布団を洗う
汗の汚れは洗濯するのが一番です。汗臭くなった衣類でも洗濯機で丸洗いすれば臭いはなくなります。
布団も同じように丸洗いするのが一番の臭いケアになります。
でもどんな布団でも自宅で丸洗いできるわけではありません。洗濯できる素材であること、洗濯機に入る大きさの布団であることなどの条件をクリアした布団でなければ洗濯機で丸洗いはできません。コインランドリーを利用したりクリーニング業者に依頼することになるでしょう。
また手洗いOKの布団であれば浴槽で踏み洗いするのもおすすめです。布団を傷めないようにおしゃれ着用の中性洗剤を使うのがポイントです。

 

・布団カバーを洗う
布団を洗えない場合には、布団カバーだけでも洗ってみましょう。布団カバーは汗をダイレクトに受けているので汗臭くなっています。
このカバーやシーツを洗濯するだけでも臭いが軽減できるのです。
特に臭いがひどい布団カバーの場合には「つけ置き洗い」と「消臭効果のある柔軟剤」がおすすめ。
洗濯機で洗う前に濃いめの洗剤液に30分〜2時間くらいつけ置きしておきます。さらに洗濯機で洗濯する時には消臭、防臭効果のある柔軟剤を使うと効果的です。

 

・天日干しする
天日干しをしてたっぷりの日差しを受けた布団は臭いが気にならなくなります。
これには理由がありました。
紫外線には、臭いの原因物質である有機物を分解する働きがあります。だから天日干しには脱臭効果があるのです。
両面しっかり天日干しすることで、汗による臭いが軽減されるでしょう。
長時間の天日干しは側生地を傷める原因になるので、天日干しをする時は1〜2時間でOK。できるだけ晴天の日を狙って天日干しをしましょう。

 

・室内で乾燥させる
仕事で日中家にいない方は、天日干しするのが大変です。
しかし、室内で乾燥させるだけでも効果があります。
椅子などに布団をかけて乾燥させるだけでも違います。
また、寝室は風の通しが悪くなりやすいです。意識的に部屋の換気をして空気を入れ替えることで、布団も部屋全体も乾燥させましょう。

 

・消臭スプレーを使う
汗に効果的な消臭スプレーを使うという方法もあります。でも市販の消臭スプレーよりもおすすめなのが手作り消臭スプレー。「重曹」と「クエン酸」を使った手作り消臭スプレーが効果的です。
作り方はとても簡単です。準備するものは重曹とクエン酸と水だけ。
スプレーボトルに水100mlに重曹小さじ1の割合で重曹水を作ります。
別のスプレーボトルには水250mlに大さじ1のクエン酸水を作ります。
まず重曹水を布団の表面にスプレーしてから、きれいなタオルで拭き取ります。
次に同じようにクエン酸をスプレーしてから拭き取ります。
その後、天日干ししてしっかり乾燥させましょう。

 

汗により布団が臭くなっている場合には、このような方法で臭いを軽減させる努力をしてみましょう。最も効果的なのは布団を丸洗いすることですが、それが無理であれば「布団カバーを洗う」「天日干しする」「室内で乾燥させる」「消臭スプレーを使う」を実践してみてください。

 

 

羽毛の臭いがついた布団をきれいにする方法は?

布団の臭いの多くは汗が溜まっている臭いです。でも羽毛布団の場合は羽毛そのものの臭いがすることもあるのです。
羽毛布団は水鳥から採取した羽毛を使っています。
ダチョウとダックの2種類の水鳥の羽毛がほとんどなのですが、ダックのほうが臭いが強いとされています。
ダチョウは草食なのですが、ダックは雑食で肉も食べるため体に油脂が溜まりやすくなるからです。
羽毛を布団の素材として使う際には、もちろんしっかり羽毛の洗浄処理をするのですが、この洗浄が十分ではないと羽毛に油脂分が残ってしまうのです。これが野獣臭となり残ってしまうのです。
この臭いは完全に取り除くことはできません。しかし、お手入れすることによって臭いを和らげることができます。

 

・布団を洗う
洗濯できる素材の羽毛布団なら、丸洗いすることで野獣臭が取れたり和らぐことがあります。
でも羽毛布団は洗い方に注意しないと本来の弾力や保温性が落ちてしまうことがあるので注意しなければいけません。洗濯機やコインランドリーで洗える羽毛布団もありますが、布団クリーニングを利用するのもおすすめです。

 

・陰干しする
羽毛布団の野獣臭を和らげるのに効果的なのは陰干しです。できるだけ乾燥している日がベターです。
乾燥させることで、羽毛の臭いのもとである雑菌が増えたり、油脂分の溶解をおさえることができるからです。
完全に臭いが消えることはありませんが、気にならないレベルにすることができるでしょう。

 

・風通しの良いところで保管する
羽毛布団の臭いが気になる場合には、毎日の保管場所を工夫してみるのもおすすめです。押し入れやクローゼットにしまうのではなく、風通しの良い場所で保管するようにしましょう。湿気が飛ぶことで臭いが和らいでくるはずです。
ただ畳んで置いておくだけでなく、椅子やハンガーなどにかけて布団の間を空気が通り抜ける状態にしておくと良いでしょう。

 

・消臭剤はあまり効果がない
消臭剤は布団の表面にしか効果がありません。汗の臭いには効果を発揮しますが、羽毛布団そのものの臭いは、布団の中わたにあるので消臭剤ではあまり効果がないということを覚えておいてください。

 

羽毛布団から動物のような臭いがする場合は、汗や皮脂の臭いではなく羽毛そのものの臭いである可能性があります。逆に羽毛をしっかり使用している布団という証でもあるのですが、やはり気になってしまうでしょう。その臭いが部屋中に広がってしまうのも困ります。羽毛の臭いを完全に消すことはできませんが、洗ったり乾燥させることで和らげることはできますので、ぜひ試してみてください。

 

 

寝る部屋が汗臭い、もしくは悪臭がする場合は、布団が原因である可能性が高いです。心地良い寝室に変えるためには、臭いのもとである布団の臭い対策をしましょう。布団の臭いは「汗の臭い」「羽毛そのものの臭い」です。今回ご紹介した方法で臭いを消すorやわらげることができるでしょう。

 

布団宅配クリーニング10選!

布団の嵩張りや保管するのが大変な布団の管理。そのデメリットを解消すべく布団宅配クリーニング人気を集め多くの業者が参入してきています。今ではの多くの布団宅配クリーニングサービスがあり特徴も一長一短で選ぶのも一苦労。そこで当サイトでは口コミ評判・業者の特徴を比較し、選びやすいようにまとめました。オススメ10選としランキング形式で紹介していますので要チェック!
布団宅配クリーニング