ダブルでも3人4人暮らしでも布団が洗える洗濯機のおすすめは?対応キロの目安とは!

ダブルでも3人4人暮らしでも布団が洗える洗濯機のおすすめは?対応キロの目安とは!

 

汗がたくさん染み込んだ布団はダニやカビの原因になってしまいます。きれいに洗って清潔と気持ち良さを保ちたいものです。布団を洗うためには、クリーニングに出したり、コインランドリーで洗っている人がほとんどでしょう。しかし「布団が洗える洗濯機」「洗濯機で洗える布団」が増えてきています。
布団を自宅できれいに丸洗いできたらとても便利ですよね。布団が洗える洗濯機に対応キロの目安や、布団洗いおすすめの洗濯機などについてご説明していきましょう。

 

布団が洗える洗濯機の対応キロの目安は?

布団が洗える洗濯機の対応キロの目安は?

 

今まで布団は洗濯機で洗うことはできませんでした。
デリケートな素材である布団は洗濯機で洗うと傷んでしまうからです。しかし最近は洗濯機や洗剤が進化したことから、家庭用洗濯機でも布団を丸洗いすることが可能となりました。
布団についている洗濯表示を見て、水洗いOKのものであれば洗濯機で洗うことができるのです。
ただし、布団が洗えるサイズの洗濯機があることが条件になります。小さな洗濯機に無理やり布団を詰め込んで洗ってしまうと、汚れがとれないだけでなく布団も洗濯機もダメージを受けてしまうので気を付けましょう。
洗濯機で布団を洗う時には対応キロの目安を確認しなければいけません。

 

 

布団の種類と対応できる洗濯機のサイズについて

布団の種類と対応できる洗濯機のサイズについて

 

羽毛布団の場合、冬用掛け布団、合掛け布団、肌掛け布団の3種類になります。
それぞれに対する洗濯機の対応キロを見てみましょう。

項目 シングル セミダブル ダブル
冬用掛け布団 6kg 7kg
合掛け布団 6kg 7kg 8kg
肌掛け布団 5kg 6kg 7kg

 

・6kg対応洗濯機=6kgの布団が洗えるわけではない
6kg対応の洗濯機だからと言って6kg分の布団を入れることはできません。
一般的に洗濯ものは洗濯槽の7割の容量を入れるのが理想的とされています。対応キロの7割の重さが適正量となるのです。
しかし、羽毛布団の場合は違います。羽毛布団はとてもボリュームがあるので、7割よりもっと軽い重さが適正とされます。
肌掛け羽毛布団は約0.4kg、合掛け羽毛布団は0.8kg、冬用羽毛布団は約1.2kgが一般的です。これらの布団に対して5kg〜8kg対応の洗濯機が必要になります。

 

・薄いダブルサイズなら8kg対応洗濯機で洗うことができる
一般的にダブルサイズの布団は家庭用洗濯機で洗えないとされていますが、肌掛け布団や合掛け布団なら洗える洗濯機があります。

 

・3人4人家族なら8kg対応洗濯機がおすすめ
8kg対応の洗濯機ならシングルサイズの掛け布団が2枚洗えます。3人4人家族の場合、2回洗濯するだけで家族布団を一気に洗うことができるので便利です。
でもその時には2枚の布団を干すスペースを確保しておくようにしましょう。

 

・メーカーによって対応キロが違うことがある
上記のそれぞれの布団に対する洗濯の対応キロは、あくまでも目安です。
メーカーによって対応キロが変わってくることを覚えておいてください。
A社の場合は6kgの洗濯機でシングル掛け布団が洗えるとしていても、B社の場合は7kgの洗濯機がシングル掛け布団対応となっていることがあるのです。
上記の表を目安にしつつ、メーカーごとの案内に従ってください。

 

それぞれの布団のサイズに対する、適性の洗濯機のサイズについてご説明してきました。あくまでも目安にはなりますが参考にしてみてください。5kg以下のサイズの洗濯機の場合はどんな布団も洗うのは難しいと覚えておきましょう。

 

 

布団が洗える洗濯機のおすすめは縦型?ドラム式?

布団が洗える洗濯機のおすすめは縦型?ドラム式?

 

布団が洗える洗濯機のサイズについてご説明してきました。次に考えたいのが、洗濯機のタイプについてです。布団を洗うためには縦型の洗濯機とドラム式のどちらが良いのでしょうか。
布団を洗う場合に生じるメリット、デメリットをご説明しましょう。

 

 

縦型洗濯機のメリット、デメリット

ほとんどの方が使っているのが縦型洗濯機だと思います。
縦型洗濯機は、洗浄力が強い、価格が安いなどの特徴があります。

 

布団を洗う時のメリット

縦型洗濯機は、布団をこすり合わせて洗うので汚れがとれやすいというメリットがあります。長年の汚れをすっきり落とすことができるでしょう。
また、つけ置き洗いができるのも縦型洗濯機のメリットです。途中で一時停止してそのままつけ置き洗いをすれば良いだけなので便利です。
縦型洗濯機で布団を洗う時には「毛布コース」などの大物コースで洗うことになります。
大物コースでは、モーターの回転数を制御するパルセーターの速度がゆっくりになります。洗濯槽自体をゆっくり回転させることで、ゆっくり丁寧に洗い脱水をしていきます。

 

布団を洗う時のデメリット

デメリットは、スッキリ乾燥させることができないことです。脱水をした後は、天日干しを数日することになります。それでも完全に乾ききらないケースが多いです。

 

 

ドラム式洗濯機のメリット、デメリット

徐々に利用者が増えているドラム式洗濯機。少ない水量で洗えること、乾燥が早いことなどの特徴があります。

 

布団を洗う時のメリット

ドラム式洗濯機の大きなメリットは乾燥までできるところです。ふわふわに乾燥してから持ち運びができるので気軽に洗濯することができるでしょう。
またドラム式洗濯機は叩き洗いをするため皮脂汚れに強いというメリットがあります。一般的に汚れに強いのは縦型洗濯機とされていますが、皮脂汚れをきれいにしたいという場合にはドラム式洗濯機が良いでしょう。

 

布団を洗う時のデメリット

デメリットはつけ置き洗いができないことです。もともとドラム式洗濯機は溜まる水の量が少ないのが特徴でありメリットです。そのため、そもそもたっぷりの水に付けて置きをするということはできません。
また、叩き洗いをすることで布団にダメージが加わりやすいというデメリットもあります。デリケートな素材の布団は注意が必要です。

 

このように、縦型洗濯機、ドラム式洗濯機にはそれぞれメリットデメリットがあります。
デリケートな布団を洗うためには縦型洗濯機が向いているでしょう。
乾燥をしっかりしたい、皮脂汚れをきれいにしたい場合にはドラム式洗濯機がおすすめです。

 

 

おすすめの洗濯機は8kg対応の洗濯機

おすすめの洗濯機は8kg対応の洗濯機

 

洗濯機のサイズやタイプについてご説明してきました。
当サイトおすすめのサイズは8kgです。ダブルの合掛け布団を洗うことができるというメリットと、シングル布団を2枚洗うことができるからです。3人4人の家族の場合には時間も水も節約できるのでおすすめです。
タイプに関しては、縦型洗濯機、ドラム式洗濯機の両方にメリットデメリットがあるので、ご自分に合ったタイプを選ぶのが良いでしょう。

 

 

洗えるタイプの布団もある?

洗えるタイプの布団もある?

 

ここまで布団を洗える洗濯機についてご説明してきましたが、最後に洗濯機で洗えるタイプの布団についてご紹介したいと思います。
最近、汗やダニ対策のために洗える布団を選ぶ人が増えています。
主に人気が高いのが以下の2つのタイプの洗える布団です。

 

ポリエステル

ポリエステルは、水洗いしても素材が傷むことがありません。また乾きやすい素材なので、生乾きになったダニやカビの原因になることもありません。
洗える布団として一番人気の素材がポリエステルなのです。
さらに、2枚重ねタイプにすることで取り外して簡単に洗濯機で洗えるというタイプのポリエステル布団もあります。

 

羽毛布団

羽毛布団は洗えないイメージが強いですが、洗える羽毛布団ということを売りにしている布団もあります。
普通の羽毛に比べて乾燥しやすくするために、撥水加工処理をしているのです。
羽毛布団でも頻繁に洗濯したいという方は、洗えるタイプの羽毛布団を探してみてください。

 

 

昔は布団は洗わないもの、洗わないほうが良いものとされていましたが、最近はコインランドリーやクリーニング店で丸洗いする方が増えています。水洗いした布団は汚れがきれいになり、弾力や保温性も戻ってきます。
そんな布団洗濯は家庭用洗濯機でも可能です。意外と知らない方が多いのですが6kg以上対応の洗濯機であれば布団を洗うことができます。対応サイズの目安を知ることで、ダブルでも3人4人暮らしでも布団丸洗いが気軽にできるでしょう。

 

布団宅配クリーニング10選!

布団の嵩張りや保管するのが大変な布団の管理。そのデメリットを解消すべく布団宅配クリーニング人気を集め多くの業者が参入してきています。今ではの多くの布団宅配クリーニングサービスがあり特徴も一長一短で選ぶのも一苦労。そこで当サイトでは口コミ評判・業者の特徴を比較し、選びやすいようにまとめました。オススメ10選としランキング形式で紹介していますので要チェック!
布団宅配クリーニング