洗濯マーク一覧を理解し手洗いやコインランドリーを上手に活用しよう!

洗濯マーク一覧を理解し手洗いやコインランドリーを上手に活用しよう!

 

買ったばかりの洋服を洗濯機で洗ったらシワシワになってしまった…、色落ちしてしまった…という経験はありませんか?それはしっかり洗濯表示を確認していなかったからかもしれません。衣服などには必ず洗濯マークが表示された洗濯表示が付いています。これを理解して手洗いやコインランドリーを活用することが大切です。
今回は洗濯マークについて考えてみたいと思います。

 

 

洗濯表示は2016年12月に新しくなりました

洗濯表示は2016年12月に新しくなりました

 

2016年12月に洗濯表示が新しくなりました。
慣れ親しんだ表示をわざわざ変えたのはどうしてなのでしょうか。
今までは、「日本工業規格(JIS)」が定めた日本独自の洗濯マークを使っていました。ところが近年、衣類の生産、流通において海外の衣類を扱う機会が増えたことから、洗濯方法も国内外で統一しようということになったのです。
そこで従来の日本オリジナルの「日本工業規格」から、世界共通の「国際規格(ISO3758)」に合わせた洗濯マークに統一することになりました。
新しい洗濯マークを覚えてしまえば、海外の衣服を買った時にも洗濯マークを理解することができるのでとても便利です。

 

 

どんなことが変わったの?

新しい洗濯マークと今までの洗濯マークの違いは、簡単に言うと種類の多さです。今までの洗濯マークは22種類、新しい洗濯マークは41種類となっています。
より詳しい情報を得ることができるようになったことで、適切な洗濯が可能となったのです。
それ以外にも洗剤や洗濯技術の進化に伴い、新たに加わった洗濯マークもあります。
変わったポイントをまとめてみましょう。

 

・きめ細かい表示になった
今まで22種類だった洗濯マークが41種類になりました。
今までは「洗い方」7種類、「漂白」2種類、「乾燥」6種類、「アイロン」4種類、「クリーニング」3種類でした。
新しいマークは「家庭洗濯マーク」14種類、「漂白」3種類、「乾燥」11種類、「アイロン」4種類、「クリーニング」9種類になりました。

 

・日本語表記から記号に変わった
今までは「エンソサラシ」「手洗イ」などの日本語表記がありましたが、新しい洗濯マークは世界共通なので日本語はありません。全て数字と記号だけで表記されています。

 

・タンブル乾燥が加わった
ドラム式洗濯乾燥機による「タンブル乾燥」ができるか否かの表示が新たに加わりました。タタンブル乾燥とは回転させながら温風を当てる乾燥方法です。

 

・酸素系漂白剤が加わった
今までの漂白マークは塩素系漂白剤が使用できるか否かの表記だけでした。
新しい漂白マークには、色柄ものの漂白ができる「酸素系漂白剤」が加えられています。

 

・適応温度が細かくなった
今までの洗濯機の温度表記は30℃、40℃、60℃でしたが、新しい表示は30℃、40℃、50℃、60℃と詳しく分類されています。

 

・ウエットクリーニングが加わった
今までのクリーニングマークにはドライクリーニングマークしかありませんでした。しかし最近は水溶性の汚れを落とすために水洗いをするウエットクリーニング対応のクリーニング業者が増えています。そのため新しい洗濯表示にはウエットクリーニング表示が加わっています。

 

 

洗濯表示は基礎記号と付加記号を覚えておけば大丈夫!

洗濯表示は基礎記号と付加記号を覚えておけば大丈夫!

 

どうして洗濯表示が変わったのか、どのような部分が変わったのか、についてご説明してきました。
「種類が多すぎてわからない」「新しい洗濯マークを理解していない」という方もいると思います。
確かに22種類のマークが41種類になったので覚えるのが大変そうです。
しかし、41種類全てのマークを個別に覚える必要はありません。
洗濯マークにはルールがあります。そのルールを覚えてしまえば簡単なのです。
そのルールとは「基礎記号」と「付加記号」です。この「基礎記号」「付加記号」を理解すれば41種類の洗濯マークが簡単に理解できるでしょう。

 

 

基礎記号とは?

洗濯マークには以下のように5つの基礎記号があります。
どの衣類にもこの5つのマークが示されているのです。

 

・家庭洗濯マーク
家庭洗濯マーク

 

・漂白マーク
・漂白マーク

 

・乾燥マーク
乾燥マーク

 

・アイロンマーク
・アイロンマーク

 

・クリーニングマーク
クリーニングマーク

 

 

付加記号とは?

強さ、温度、禁止などの情報を伝えるのが不可記号の役割です。

 

・弱い処理
弱い処理

 

・非常に弱い処理
非常に弱い処理

 

・処理温度
・処理温度

 

・禁止記号
禁止記号

 

 

洗濯マークは基礎記号+付与記号+付与数字で構成されている

洗濯マークの構造は、「基礎記号」をベースに「付与記号」さらに水温の上限を表す「付与数字」の3つが組み合わされています。
この5つの基礎記号と、付与記号を覚えてしまえば41種類の洗濯マークは簡単に理解することができるのです。

 

 

洗濯マーク一覧!

それでは、41種類の洗濯マークを見ていきましょう。
「洗濯マーク」「漂白マーク」「乾燥マーク」「アイロンマーク」「クリーニングマーク」の5つに分けてご説明していきます。
簡単に覚えるコツもご紹介していきましょう。

 

 

洗濯マーク一覧!

洗濯マーク一覧!
(引用:消費者庁)
洗濯桶のマークは家庭での水洗いを示しています。
洗濯機or手洗い、水温の上限、水流の強さなどを知ることができます。
洗濯桶に数字が入っているマークは洗濯機OK、洗濯桶に手が入っているマークは手洗い、洗濯桶に×がついているマークは洗濯不可となっています。
洗濯桶の中の数字は水温の上限です。上限以上の温度で洗ってしまうと、衣類を傷めることになるので気を付けましょう。
桶の下の線は水流の強さを表してします。線が多いほど弱く洗っていくことになります。「マイナスバー」と覚えるとわかりやすいでしょう。

 

 

漂白マーク

漂白マーク
(引用:消費者庁)

 

△マークは漂白剤が使えるかどうかを示しています。
塩素系漂白剤は脱色効果がありますが、酸素系漂白剤は染料を脱色しないので、色柄ものに使える漂白剤なのです。塩素系漂白剤NGの洗濯マークがあるにも関わらず使ってしまうと、色落ちしてしまうので気を付けましょう。
△にボーダーマークがあるのは色柄ものと覚えると良いでしょう。

 

 

乾燥マーク

乾燥マーク1
乾燥マーク2
(引用:消費者庁)
乾燥マークは2つに分けらえます。タンブル乾燥と自然乾燥です。
このタンブル乾燥は新しい洗濯表示で新たに加えられた表示です。タンブル乾燥とは、衣類を回転させながら温風で乾燥させる方法となっています。家庭用ドラム式洗濯乾燥機や、コインランドリーの乾燥機が当てはまります。
自然乾燥は、線の向きで「つり干し」「ぬれつり干し」「平干し」「ぬれ平干し」の4つに分かれています。さらにそれぞれが日向と日蔭に分かれています。
日陰のマークに入っている斜めの線は屋根をイメージすると覚えやすいです。
洗濯表示を守って干すことで、衣類が傷みにくく、きれいに仕上がるでしょう

 

 

アイロン表示

アイロン表示
(引用:消費者庁)
アイロン仕上げをする時の温度の高さを表しています。
・が多い方が、温度が高くなるので間違えないように。このポイントだけおさえれば簡単に覚えられるでしょう。

 

 

クリーニングマーク

クリーニングマーク
(引用:消費者庁)
クリーニングマークは、クリーニング専門店が処理する方法についての表示になります。
クリーニング業者ではこの表示を見て洗い方を決めるのです。
今までの洗濯表示はドライクリーニングできるか否かの洗濯マークだけだったのですが、ドライクリーニングに加えて、水洗いのウエットクリーニング表示が加わりました。

 

 

いかがでしたでしょうか。
41種類もある洗濯マークですが、このように一覧にしてみると簡単に理解することができると思います。洗濯マークを正しく理解して、手洗い、洗濯機、コインランドリーで上手に洗濯していきましょう。
そして大切な衣類を長く着続けていきたいですね。

 

布団宅配クリーニング10選!

布団の嵩張りや保管するのが大変な布団の管理。そのデメリットを解消すべく布団宅配クリーニング人気を集め多くの業者が参入してきています。今ではの多くの布団宅配クリーニングサービスがあり特徴も一長一短で選ぶのも一苦労。そこで当サイトでは口コミ評判・業者の特徴を比較し、選びやすいようにまとめました。オススメ10選としランキング形式で紹介していますので要チェック!
布団宅配クリーニング