和布団・綿布布団の宅配クリーニングでのコツ!

和布団

 

布団の素材は、羽毛、羊毛、ポリエステルなど様々です。最近はふかふかの羽毛布団を使う人が非常に多くなっていますが、昔ながらの和布団・綿布団を愛用している方もいるでしょう。綿布団は吸湿性があり、高温多湿の日本の気候にピッタリの布団とも言えるのです。
ここではそんな綿布団の特性、さらに宅配クリーニングでの注意点やコツについてもご説明していきたいと思います。

 

 

和布団・綿布団とは?

和布団・綿布団とは

 

最近人気の布団素材は羽毛です。ふかふかとした高級感のある寝心地は、一度体験したらやめられなくなるでしょう。その他にもお手入れしやすくリーズナブルなポリエステル素材、羊毛やウレタン素材なども人気があります。
そして今回ご紹介する素材は、綿です。綿布団、和布団と呼ばれています。
おじいちゃんおばあちゃんが使っていたずっしり重い布団、それが綿布団です。今でも綿布団の重さがないと眠れないというご年配の方はたくさんいます。
さらに、最近は昔のように重い和布団ではなく、ふかふかに改良された綿布団も販売されています。

 

和布団・綿布団の特徴は?

綿布団の特徴は吸湿性に優れているところです。
昔の日本の布団のほとんどは綿布団でした。それは、綿布団の吸湿性が日本の高温多湿の環境に適していたからです。
人は一晩にコップ一杯分の汗をかくとされています。だから吸湿性の悪い布団で寝ていると、布団の表面は汗でじめじめ気持ちが悪くなってしまうでしょう。
しかし綿布団なら汗をかいても綿が汗を吸い込んでくれるので、布団の表面はサラッと気持ち良い状態になるのです。湿った布団が不快で起きてしまうという心配がありません。
さらに綿布団は敷布団にも掛布団にも適したクッション性があります。寝返りを打ちやすく、無理のない姿勢で寝ることができるというメリットもあるのです。

 

和布団・綿布団はお手入れが大変?

綿布団は非常に吸水性に優れているというメリットがあります。しかし、その吸い込んだ水分を放出する力はあまりありません。どんどん汗が布団に溜まってしまい、ジトジトして不快な布団になってしまうのです。綿布団ならではのクッション性も失われてしまいます。
夜にたっぷり吸い込んだ汗を出すためには、頻繁に日干しをしないといけません。
昔の家では今以上に頻繁に布団を干していました。それはこのような布団の特性があったからなのです。
そして、このお手入れの大変さにより、綿布団は徐々に減ってきてしまったのです。
最近はマンションなどの集合住宅に住む方が増え、家族全員の布団を干すスペースが確保できないご家庭も多いでしょう。
さらに働く女性が増える中、毎日布団を干すことは難しくなってきています。
このようなライフスタイルの変化から、お手入れの簡単な羽毛やポリエステルが主流になってきたのです。

 

和布団・綿布団はリフォームすることができる?

綿布団の特徴は「打ち直し」という布団のリフォームができるところです。
綿布団は使い続けていると、どんどん弾力がなくってきます。「せんべい布団」の状態になってしまうのです。
「打ち直し」とは、そんなぺちゃんこになってしまった布団を解体して中綿をほぐすことです。これにより、中綿がふわふわの状態に戻るので再び弾力のある布団に戻すころができるという仕組みなのです。
昔は、夏になるとそれぞれのご家庭でこの「打ち直し」作業をしていました。大切な布団を自分たちでリフォームしながら長持ちさせていたのです。
しかし、この「打ち直し」はあくまでも綿をふわふわにするための作業であり、綿をきれいにするわけではありません。専門業者に「打ち直し」をしてもらったとしても、布団がきれいになるわけではないことを覚えておいてください。

 

綿布団の特徴は優れた吸湿性により、汗をかいてもサラリと気持ち良さがあるということです。しかし、その汗をしっかり乾かす必要もあるためお手入れが大変というデメリットもあります。打ち直しを行いながらリフォームする必要もあるのです。このお手入れが大変というデメリットにより、徐々に使う人が減ってきているのが現状と言われています。

 

 

汚れた和布団・綿布団は洗ってきれいにしよう!

汚れた和布団・綿布団は洗ってきれいにしよう

 

綿布団の特性についてご説明してきました。
綿布団は吸湿性やクッション性に優れており、しっかり日干しをしていれば気持ち良く使うことができます。
しかし、昔と違い毎日のように布団を干すのは難しいでしょう。だから、どうしても綿布団は汚れてきたり、ぺちゃんこになって寝心地が悪くなってくるのです。
そんな汚れた布団は洗ってきれいにすると良いでしょう。ほとんどの綿布団は水で丸洗いすることができるのです。

 

和布団・綿布団は自分で洗うのはNG!

最近は、洗濯機で丸洗いできる布団が人気です。浴槽にお湯をはり、足で押し洗いできる布団もあります。またコインランドリーで布団を丸ごと洗うことも可能なのです。
しかし、綿布団はこのような「洗濯機」「浴槽」「コインランドリー」で洗うのはおすすめでできません。理由は2つあります。

  • 綿布団を自分で洗うと中の綿が偏ってしまう

    綿布団は、綿が切れないように綴じ糸でとじています。しかし、この綴じ糸は洗うことで着れてしまい、中の綿がぐちゃぐちゃになってしまうのです。一度偏ってしまった綿を元に戻すことは難しいでしょう。

  • 綿のふわふわ感が失われてしまう

    綿の表面には油がコーティングされていて、これにより綿はふわっとした状態になっています。自分で水洗いをすると、このコーティングまで洗い流してしまうため本来のふわふわ感を損なうことになってしまうのです。

 

和布団・綿布団は宅配クリーニングがおすすめ!

汚れた綿布団は洗ってきれいにすることが可能です。しかし、そのためには「丁寧に洗うこと」「綿布団に適した洗剤を使うこと」が必要になってきます。だから、洗濯機やコインランドリーを利用して自力で行うのは難しいのです。
綿布団をきれいに洗うためには、プロの技術と専門機械が必要です。
そこでおすすめなのが宅配クリーニングです。お近くのクリーニング店に持ち込むこともできますが、重い綿布団を持ち運ぶのはかなりの労力を要します。さらに、町のクリーニング店では、綿布団に対する専門知識を持っているところは少ないので、満足できる仕上がりにならない可能性が高いのです。
しかし、宅配クリーニングならどこでもOKというわけでもありません。
綿布団を宅配クリーニングにお願いする時の注意点をご説明しましょう。

 

綿布団を扱っている宅配クリーニングか?

布団クリーニングを行っている業者であっても、綿布団はNGの場合もあります。羽毛布団専門のクリーニング業者もあるので注意しましょう。
また、綴じ糸がない綿布団や、側生地に破れた部分がある綿布団はクリーニングできないことが多いです。破れていなくても破れそうになっていれば断られるでしょう。布団を洗うと水を含みとても重くなります。そのため生地が弱っていると破れてしまい、中の綿が出てしまうのです。
まずは、綿布団を扱っている業者を選び、さらに自分の布団は洗ってもらえる綿布団かどうか確認しておきましょう。

 

丁寧なクリーニングをしている宅配クリーニングか?

綿布団は自分で洗ってしまうと、驚くほど偏って団子状態になってしまいます。布団クリーニングを行っている業者でも、まとめて大量洗いをしている場合には、中綿が偏ってしまう可能性があります。
大量洗いをしていても丁寧に洗うこだわりを持っている業者、丁寧に個別洗いをしている業者を選ぶことが大切です。
特に極端にクリーニング料金が安い業者は要注意です。大雑把に大量洗いしている可能性があります。少し値段が高くても丁寧に洗ってもらえる業者、ふわふわに仕上げてくれる業者を選びたいですね。

 

保管サービスがついている宅配クリーニングか?

綿布団は、他の布団よりもお手入れが大変です。頻繁に日干しをして乾燥させないとすぐにジメジメした状態になってしまいます。
そこでおすすめなのが「保管サービス」を利用する方法です。
宅配クリーニングでは、クリーニング後の布団を長期保管してくれる保管サービスを行っている業者があります。4月頃にクリーニングに出した布団を10月〜11月頃まで預かってくれるのです。しかも布団に最適の湿度と温度の環境で保管してくれるので、クリーニング直後のふわふわの状態で戻ってくるのです。
どの宅配クリーニングでも行っているわけではないので、保管サービス付の業者を探してみると良いでしょう。

 

 

今回は、根強い人気のある和布団・綿布団についてご紹介してきました。綿布団は日本の気候に合った快適な布団として昔から親しまれてきました。お手入れが大変なことから最近は使われることが減ってきている状況ではありますが、やはり綿布団が一番快適に寝れるという方は多いでしょう。そんな綿布団は大切に長く使っていきたいものです。そこでおすすめなのが宅配クリーニング。綿布団を扱っている業者を選ぶこと、さらに丁寧洗いにこだわりを持っている業者を選ぶようにしましょう。保管サービス付きの業者もおすすめです。

 

 

布団宅配クリーニング10選!

布団の嵩張りや保管するのが大変な布団の管理。そのデメリットを解消すべく布団宅配クリーニング人気を集め多くの業者が参入してきています。今ではの多くの布団宅配クリーニングサービスがあり特徴も一長一短で選ぶのも一苦労。そこで当サイトでは口コミ評判・業者の特徴を比較し、選びやすいようにまとめました。オススメ10選としランキング形式で紹介していますので要チェック!
布団宅配クリーニング