羊毛布団の特徴と宅配クリーニング頼み方

羊毛布団

 

羽毛布団は軽すぎて苦手、でも綿布団は重すぎる…という方に人気の布団が羊毛布団です。ちょうど良い重さと使い心地の良さ、そして値段も羽毛ほど高くないことも人気の理由となっています。
でも羊毛はデリケートな素材として知られている素材です。羊毛布団の宅配クリーニングを頼む時にはどんな業者を選べば良いのでしょうか。
ここでは羊毛布団についての説明と、宅配クリーニングを選ぶ際のポイントをご紹介したいと思います。

 

 

羊毛布団の特徴は?

羊毛布団の特徴
そもそも、羊毛布団とはどんな特徴がある布団なのでしょうか?その特徴を知ることで、クリーニングする時に気を付けるべきことも見えてくるはずです。
まずは羊毛布団の特徴から見ていきましょう。

 

 

羊毛布団は気持ち良く眠れる

羊毛布団とは、羊のからとれる天然繊維を使った布団のことです。
表面にあるウロコと、クリンプ(縮れ)があることが特徴となっています。
このウロコとクリンプにより、吸湿性、放湿性、保温性があるというメリットがあるのです。だから、非常に気持ち良く眠ることができるでしょう。

 

・夏は涼しい
羊毛布団は吸湿性があるため、汗の湿気を吸い取ってくれます。さらにその湿気を放出する放湿性もあるので、夏でも布団がジメジメすることなくサラリと気持ち良く寝ることができるのです。
人は一晩でコップ一杯もの汗をかきます。特に暑い夏場はもっと汗をかくこともあるでしょう。吸湿性や放湿性の悪い布団の場合には汗の湿気により寝苦しさを感じることになります。羊毛布団は暑がりの方、汗っかきの方でも安心の布団なのです。

 

・冬は暖かい
夏は涼しい羊毛布団ですが、冬は暖かいというメリットがあります。保温性に優れているため、暖かさをしっかり閉じ込めてくれるのです。
羽毛布団も保温性に優れている特徴がありますが、羊毛布団は羽毛布団のように保温性がありながら、リーズナブルな価格というコスパの良さがあります。
羊毛布団は暑がりの方だけでなく、寒がりの方にもおすすめの布団です。

 

 

羊毛100%布団と羊毛混布団は違う

羊毛布団と思って購入したら、あまり汗を吸い取らないし温かくない…という場合は、羊毛100%ではない可能性があります。
羊毛だけを使った羊毛100%の布団であれば吸湿性、放湿性、保温性などの機能性に優れているのですが、羊毛50%、ポリエステル50%の「羊毛混布団」の場合には、その機能性は落ちてしまいます。
羊毛の機能性を活かした布団がほしい時には、羊毛100%であることを確認してから購入してくださいね。

 

 

安心マークがついている羊毛布団が安心

羊毛は羊の毛を素材としているため、羊の獣臭がする場合があります。羊毛の洗浄加工方法によって、臭いが強くなってしまうことがあるのです。このような臭いを避けるためには、安心マークがついている羊毛布団を選ぶと良いでしょう。
全日本寝具寝装品協会の品質表示基準をクリアした布団である安心マークの「GFマーク」、国際羊毛事務局の品質基準に合格したものだけにつける事が出来る「ウールマーク」のついている羊毛布団が安心です。

 

 

羊毛布団はお手入れが大変

夏は涼しく冬は暖かい羊毛布団ですが、お手入れが大変というデメリットがあります。
メリットである機能性ですが、マイナスに働いてしまうこともあるのです。

 

・ボリュームがなくなってしまう
羊毛布団の魅力である吸湿性は、汗の湿気を吸い取って気持ち良い状態にしてくれるのですが、この湿気を溜めすぎてしまうと、湿気を吸ってへたった状態になってしまいます。ボリュームがなくなり本来の弾力性がなくなってしまうので、心地良く眠れなくなるのです。
そのため羊毛布団の寿命は7年ほどと短めになっています。10年〜15年はもつとされている羽毛布団に比べて、羊毛布団はあまり長持ちしない布団なのです。
たくさん汗をかいた時には、しっかり日干しして湿気を逃がすようにしたいですね。

 

・自分で洗うと傷めてしまう
最近は洗濯機で水洗いできる布団や、コインランドリーで洗える布団も売られています。長年蓄積された汗汚れやダニなどのすっきり丸洗いできるのです。
ところが、羊毛布団は洗濯機やコインランドリーを使って自分で洗うことができません。羊毛が傷んで縮んでしまうからです。
羊毛はカールしている繊維が特徴で、これが吸湿性や放湿性や保温性に役立っているのですが、洗う時にはマイナス要素となります。カール繊維が絡み合ってしまい、縮んでしまうのです。さらに人間の髪の毛の表面のようにウロコ状になっていることも絡みやすくなる要因となります。
だから、ウール素材の洋服はすぐに毛玉になりやすいのです。羊毛布団はとてもデリケートな素材なので、自分で洗うのはおすすめできません。

 

 

羊毛布団は宅配クリーニングがおすすめ!

羊毛布団は宅配クリーニングがおすすめ
羽毛布団は水洗いすることができる素材ですが、デリケート素材のため、自分で手洗いしたりコインランドリーや洗濯機で洗うのはNGです。
でも、汗の湿気を吸収し続けている羊毛布団はへたってしまい寝心地が悪くなります。
また、長年の汗染みやお子様がおねしょをしてしまい汚れてしまうこともあるしょう。臭いがひどくなることもあるかもしれません。
そんな時には無理に自分で洗うのではなく、クリーニング業者に頼むのがおすすめです。
クリーニング代がかかっても、へたりや汚れをリセットすることで寿命を延ばすことができるので、賢い方法と言えるでしょう。
しかし普通のクリーニング店の場合、羊毛布団の扱いに慣れている店舗はあまり多くありません。
そこでおすすめが宅配クリーニングです。
全国展開している宅配クリーニングなら、羊毛布団OKの業者がたくさんあります。何より、大きな羊毛布団を持ち運ぶ手間や時間が節約できるメリットも大きいでしょう。

 

 

羊毛布団はどこの宅配クリーニングに頼めば良い?

湿気でへたってしまったり、汚れがひどくなった羊毛布団は宅配クリーニングを利用してすっきりリセットしましょう。クリーニング料金はかかりますが、その分長く使い続けることができるので、決して損はありません。
でも、どんな宅配クリーニングに頼めば良いのか迷ってしまう方も多いはず。「大手の宅配クリーニングだから」「リーズナブルな料金だから」という理由だけで選んでしまうと失敗してしまうかもしれません。
羊毛布団を宅配クリーニングに頼む時のおすすめポイント2つをご説明したいと思います。

 

 

素材に合わせた洗剤&洗い方をしている宅配クリーニング

羊毛は構造上、縮みやすく傷みやすい素材です。だからコインランドリーや洗濯機で丸洗いすると素材がよれて大変なことになってしまいます。
宅配クリーニングを選ぶ時にも、羊毛を傷めず洗ってくれる業者を選ぶことが大切です。
デリケートな羊毛布団に対して、強い洗剤を使ったり、大雑把な洗浄方法でクリーニングされてしまうと、どうしても羊毛が傷んでしまいます。
その布団の素材や状態に合わせた洗剤、さらに洗浄方法を使い分けている業者がおすすめです。
大量の布団をまとめて洗うのではなく、1枚ずつ個別洗いしてくれる業者であればなお良いでしょう。

 

 

仕上がりの良い宅配クリーニング

羊毛布団は湿気を含みやすく縮みやすいので、本来の弾力やふわふわ感が損なわれやすい素材です。だから、他の布団よりも比較的寿命が短いとされています。
そこで、宅配クリーニングを選ぶ時にはふんわりとした仕上がりの良さが自慢の業者を選ぶのがおすすめです。
ふんわり仕上げにこだわっている業者は、仕上げ乾燥に力を入れていることが多いです。羊毛布団を乾燥させる時には、水分の含んだ状態の布団を動かさずに「平面乾燥」させてから、「回転乾燥」をして仕上げる流れがほとんどです。布団の素材に合わせて回転乾燥をすることで、復元乾燥することできます。この仕上げの乾燥にこだわりを持っている宅配クリーニング選ぶことで、新品のようなふかふかの羊毛布団になるでしょう。

 

夏は涼しく冬は暖かいところが魅力の羊毛布団。羽毛布団だと軽すぎるけれど、羊毛布団の弾力さや重さは良いという方は多いです。でも羊毛布団は扱い方を間違えてしまうと傷めてしまうことがあるので注意が必要です。デリケートな素材なので自宅の洗濯機やコインランドリーで洗うことができません。手洗いすることも難しいでしょう。汚れた羊毛布団をすっきり洗いたい時には宅配クリーニングを利用するのがおすすめです。素材に合わせた丁寧クリーニングをしている業者、ふんわり仕上がりに自信のある業者を選びましょう。

 

 

布団宅配クリーニング10選!

布団の嵩張りや保管するのが大変な布団の管理。そのデメリットを解消すべく布団宅配クリーニング人気を集め多くの業者が参入してきています。今ではの多くの布団宅配クリーニングサービスがあり特徴も一長一短で選ぶのも一苦労。そこで当サイトでは口コミ評判・業者の特徴を比較し、選びやすいようにまとめました。オススメ10選としランキング形式で紹介していますので要チェック!
布団宅配クリーニング