嵩張る羽毛布団は宅配クリーニングがおすすめ!特にダブルは保管サービス付きが有利?

羽毛布団

 

宅配クリーニングは、布団、毛布、こたつ布団など様々な寝具をクリーニングしてくれる便利なクリーニング方法ですが、最も需要が多いのが羽毛布団のクリーニングです。羽毛布団はとても嵩張るものなので、自宅で洗うのも、クリーニング店に持ち込むのも、そして押し入れに収納しておくのも大変な寝具です。宅配クリーニングなら、このような羽毛布団のストレスをすっきり解決してくれるでしょう。
ここで羽毛布団のお手入れ方法、宅配クリーニングでの注意点などを解説していきたいと思います。

 

 

羽毛布団は洗えるの?

羽毛布団は洗えるの

 

新品の羽毛布団はふかふかしてとても気持ち良いですが、長年使い続けている羽毛布団はふかふか感が低下し、シミや汚れなども蓄積しているでしょう。しかし羽毛布団は高価なものなので、お手入れしながら長く大切に使っていきたいものです。
そこで疑問なのは、そもそも羽毛布団は洗えるのか?ということです。
洗える羽毛布団か否か判断するためには、洗濯表示を見る必要があります。「水洗い不可」「ドライクリーニング」と表示があれば、洗うことはできません。
クリーニング業者にドライクリーニングをしてもらいましょう。
「水洗いOK」と表示されていれば、自宅で洗うことも可能です。

 

羽毛布団は自宅で洗うこともできる

羽毛布団は自宅で洗うこともできる

最近の羽毛布団の中には自宅で洗うことが可能な布団があります。
もし洗濯機に入るのであれば、洗濯機で洗うことが可能です。
洗濯ネットに入れて、「毛布コース」などで洗濯します。洗剤はおしゃれ着用の洗剤が良いでしょう。
でもほとんどのご家庭では布団が入る大きさの洗濯機ではありません。その場合には浴槽で洗うのがおすすめです。
浴槽にお湯を入れたらおしゃれ着用の洗剤を入れておきます。
そこへ布団を沈めたら、足で踏みながら洗います。この時点でおそらくお湯が真っ黒に汚れてくるでしょう。お湯を入れ替えながら繰り返し洗い、しっかりすすぎ洗いをします。
その後、浴槽の淵に布団をかけて、1時間ほど水を抜いていきます。ある程度水が抜けてから天日干しをするようにしましょう。

 

羽毛布団は宅配クリーニングで洗うのがおすすめ

羽毛布団は宅配クリーニングで洗うのがおすすめ

このように羽毛布団は自宅で洗うことも可能です。でもしっかり汚れを落とすのは大変な労力が必要になるでしょう。さらに問題は完全に乾かすことです。洗った布団を乾かすためには、数日天日干しする必要があります。天気が悪くて干せなくなってしまうと、湿気がたまりカビの原因となってしまうのです。せっかく苦労してきれいに洗っても乾燥で失敗すると逆効果になってしまいます。
そこで、多くの方が利用しているのが宅配クリーニングです。
店舗に持ち込んでクリーニングしてもらうこともできますが、嵩張る羽毛布団を持ち込むのはとても大変。宅配クリーニングなら自宅に居ながらにしてクリーニングしてもらうことができるのです。
宅配クリーニングなら羽毛布団をきれいに洗い、ばっちり乾燥してふわふわに仕上げてくれます。金額は1枚1万円前後かかりますが、きれいになった布団はまたさらに長く使っていくことができるので、コスパの良いサービスと言えるのです。

 

 

羽毛布団の宅配クリーニングを選ぶ時に注意点は?

注意点

 

羽毛布団は家でお手入れすることもできますが、お手軽に宅配クリーニングに頼むという選択肢もあります。
でも問題はどの宅配クリーニング業者を使えば良いか?ということです。
羽毛布団の宅配クリーニング業者を選ぶ時の4つの注意点をご説明していきたいと思います。

 

水洗いorドライクリーニングか?

水洗い

布団クリーニングは水洗いとドライという2つのクリーニング方法があります。
水に弱いデリケートな素材の場合には、水洗いをせずに石油系の溶剤を使ったドライクリーニングをするのです。
コートなどの衣服クリーニングの時はドライクリーニングが多いですよね。布団は水洗いをドライクリーニングのどちらが適しているのでしょうか。
水洗いがよいか、ドライクリーニングが良いか見極めるポイントは、まず「洗濯表示」です。
ここに「ドライクリーニング」と表示があればドライクリーニングすることになるでしょう。
しかし、最近のクリーニング工場は洗浄システムの進化や技術が向上したことにより、「ドライクリーニング」と表示されている布団でも丸洗いすることができるのです。
布団についている汗、フケ、ダニの糞、カビなどの汚れのほとんどは水溶性の汚れです。つまりドライクリーニングでは除去することが難しく水洗いのほうがスッキリ洗い流せるのです。
さらにドライクリーニングは羽毛の油分を奪って劣化させてしまうという問題もあります。
このような理由により、宅配クリーニングを選ぶ時には、まず「水洗いクリーニング」してくれる業者を選ぶようにしましょう。
しかし、羽毛にシルクが含まれているもの、側生地に縫い目がないノンキルト加工の布団は、水洗いOKの業者でも洗うことはできません。ノンキルトの場合は、縫わずに接着剤が使用されているので、洗うと接着剤が溶けて生地が剥がれてしまうからです。
羽毛布団丸洗いOKと謳っている宅配クリーニング業者でも洗えない布団があることを覚えておいてください。

 

布団にやさしいクリーニングをしているか?

布団にやさしいクリーニング

水洗いOKの宅配クリーニングならどこでも良いわけではありません。
羽毛はとてもデリケートな素材です。その羽毛を傷めずにやさしくクリーニングしてくれる業者を選びましょう。そのためにチェックしていただきたいのは「洗い方」「洗剤」「乾燥方法」です。


 

洗い方

羽毛布団を洗う方法は、1枚ずつ小さな洗濯機で洗う「個別洗い」と、大量の布団を大きな洗濯機でまとめて洗う「大量洗い」があります。
羽毛をより傷めずに洗うことができるのは個別洗いです。他の布団と擦れあうことがないので、側生地も傷むことがありません。
しかし大量洗いが必ずしも悪いわけではありません。大量洗いをする際には布団をくるくるとすし巻きにして紐で縛った状態にして洗います。これにより羽毛がかたよったり傷んだりせずに洗うことが可能です。大量洗いをしている業者でも、羽毛を傷めない工夫を凝らしていることを確認しましょう。

 

洗剤

羽毛はタンパク質が主成分のため、アルカリ性の薬剤とつけると溶けてしまいます。そして固まった状態で乾いてしまうのです。だから家庭用洗濯機のような弱アルカリ洗剤は羽毛布団に向いていません。
羽毛布団を洗う時には中性洗剤を使います。おしゃれ着用の洗剤などが中性洗剤です。
また、石けんを使用している業者もあります。敏感肌の方やお子様の布団には自然派石鹸を使っている業者がおすすめです。

 

乾燥方法

羽毛布団をきれいに仕上げてほしいなら、どんな乾燥方法をしているかチェックする必要があります。
水洗いをした布団は、たっぷりの水を含み非常に重い状態です。干し方を間違えると羽毛が
傷んでしまうのです。
洗い終わった羽毛布団はそのまま動かさずに平面乾燥するのがベストとされています。平面の状態でほぼ乾いてから、回転式乾燥機でしっかり乾燥させていくのが主流です。
このように平面乾燥→回転乾燥という流れで、羽毛を傷めないように乾燥させている業者を選びましょう。

 

保管サービスがついているか?

保管サービス

羽毛布団の宅配クリーニングを選ぶ時には、ぜひおさえていただきたいポイントがあります。それは「保管サービス」が付いているかということです。
宅配クリーニングの特徴として、クリーニングした布団をそのまま次のシーズンまで預かってもらえる「保管サービス」があります。4月にクリーニングに出した布団を10月〜11月頃まで預かってもらえる非常に便利なサービスなのです。
羽毛布団はかなり嵩張る寝具なので、使わない時期はとても邪魔になりますよね。特に問題はダブルの布団です。ダブルの羽毛布団は、押し入れの中の多くのスペースを占領するので非常に厄介です。しかも押し入れの奥のほうにしまっておくと湿気が溜まりカビが発生してしまうので、気を遣いながら管理しなければいけません。
保管サービスなら、布団に快適な温度、湿度を24時間維持してくれるので、布団がカビたり傷んだりする心配がありません。
自宅の押し入れがスッキリして、かつ清潔な状態で布団が戻ってくるのです。
しかし、全ての宅配クリーニング業者が保管サービスを行っているわけではありません。保管サービスを行っている業者でも、保管サービスが無料のところもあれば、有料のところもあるのでご注意を。
ダブルの羽毛布団をクリーニングする際には、ぜひ保管サービス付きの業者を探してみてください。

 

 

 

羽毛布団の宅配クリーニングのベストなタイミングは?

羽毛布団の宅配クリーニングのベストなタイミン

 

羽毛布団の宅配クリーニングを選ぶ時の注意点をご説明してきました。それでは、次に羽毛布団を出すタイミングについて考えていきたいと思います。

 

3年〜4年に1度くらいがベスト

羽毛布団は毎年クリーニングしましょうと謳っているクリーニング業者もありますが、羽毛布団を毎年洗う必要はありません。お子様のおねしょなどで汚れてしまった時以外は、3年〜4年に1度のクリーニングがベストです。
毎年洗ってしまうと、羽毛が傷んでしまい本来の弾力や保湿性を失ってしまうからです。羽毛はデリケートな素材なので頻繁に洗うことはおすすめしません。

 

4月下旬がベスト

羽毛布団をクリーニングに出す時には、4月下旬ぐらいがベストです。
でも、羽毛布団を使う時期はお住まいの地域の温度によって変わってくるので、暑くなってきて羽毛布団が不要になったタイミングと考えてください。
クリーニング業者はGWが繁忙期です。その前の4月下旬の時期を狙って出すと良いでしょう。
寒くなり布団を使い始める前にクリーニングに出そうとする方もいるでしょう。
しかし、羽毛布団のクリーニングは時間がかかります。混雑している時期には1ヶ月近くかかることも少なくありません。だから、肌寒くなってきたから羽毛布団をクリーニングに出しておこうと思ったら、その先1ヶ月は羽毛布団が使えずに寒い…ということもあるので気を付けてください。

 

 

今回は、羽毛布団のお手入れ方法から宅配クリーニングを選ぶ時の注意点までご説明してきました。ふかふかして高級感ある羽毛布団ですが、そのまま使い続けていると間違いなく使い心地が悪くなっていきます。定期的に宅配クリーニングでふかふかの状態にリセットしていきましょう。嵩張る羽毛布団は保管サービスを賢く利用するのがおすすめです。

 

 

布団宅配クリーニング10選!

布団の嵩張りや保管するのが大変な布団の管理。そのデメリットを解消すべく布団宅配クリーニング人気を集め多くの業者が参入してきています。今ではの多くの布団宅配クリーニングサービスがあり特徴も一長一短で選ぶのも一苦労。そこで当サイトでは口コミ評判・業者の特徴を比較し、選びやすいようにまとめました。オススメ10選としランキング形式で紹介していますので要チェック!
布団宅配クリーニング