布団宅配クリーニング出す季節は夏?冬?時期やタイミング!

布団宅配クリーニング出す季節

 

暖かく清潔な布団で安眠するために、布団宅配クリーニングを利用する方が増えています。宅配クリーニングなら、クリーニング店に持って行くことなく、自宅に居ながらにしてふかふかの布団にリセットしてもらえるのです。一度利用してみたいと思っている方も多いでしょう。それでは、布団宅配クリーニングを利用する場合には、いつ出せば良いのでしょうか。布団宅配クリーニングを出す季節や、ベストなタイミングについてご説明したいと思います。

 

 

布団宅配クリーニングに出すタイミングはいつがベスト?

布団宅配クリーニングに出すタイミングはいつがベスト

 

布団を宅配クリーニングに出すタイミングとして、「季節に応じて出す」「季節に関係なく必要な時に出す」の2つがあります。
使い心地が悪くなった時やおねしょをして汚してしまった等、すぐにクリーニングが必要になった場合には、季節に関係なく出しましょう。
それ以外の場合は、季節に応じて出すことになります。
詳しくご説明していきましょう。

 

 

季節に応じて布団宅配クリーニングに出すべきタイミングは?

布団宅配クリーニングに出すべきタイミング

一年中同じ布団を使っている方はいないでしょう。
秋〜冬の寒い時期は掛け布団、初夏や初秋は肌掛け布団、真夏はタオルケットだけ、というように季節によって使い分けていると思います。
肌掛け布団やタオルケットは自宅の洗濯機やコインランドリーで洗うことも可能ですが、嵩張る掛け布団は宅配クリーニングに出すと良いでしょう。
お住まいの地域の気温にもよりますが、布団宅配クリーニングに出すタイミングは掛け布団を使わなくなる梅雨前の時期がベストです。つまり「布団の衣替え」の時期です。夏になってから出すのではなく、夏の前に出すほうが良いでしょう。
また布団を使った後ではなく、次のシーズンに布団を使う前に宅配クリーニングに出す方もいます。しかし、使う前ではなく使った後のほうがベストの時期と言えるのです。
「梅雨の前に出す」「使った後に出す」のがベストな理由をご説明と思います。

 

梅雨はダニ、カビが繁殖してしまうから

梅雨になる前に布団宅配クリーニングに出すべき理由は、ダニやカビの増殖を防ぐためです。
ダニやカビは湿気の多い環境で増殖します。その養分となるのは汗や皮脂など。
汗や皮脂が染み込んだ布団をそのまま湿気の多い梅雨の時期にしまってしまうと、汗や皮脂をエサにしてダニやカビが大繁殖してしまう可能性があります。
だから梅雨の湿気により、ダニやカビが増える前に宅配クリーニングに出すのがベストなのです。

 

汚れ、シミが取れにくくなるから

布団を使う前ではなく使った後に布団宅配クリーニングに出すべき理由は、汚れやシミの蓄積を防ぐためです。
人は一晩にコップ1杯もの汗をかくとされています。だから布団には汗がたくさん染み込んでいるのです。さらに皮脂汚れが蓄積することもあります。
そのような汚れはシミになっていることもありますが、目に見えないことも。シミがない場合でも、布団はとても汚れているのです。
そんな汚れた布団をそのまま押し入れにしまっておいて、冬の使う前にクリーニングに出しても、汚れやシミが取れにくくなっているかもしれません。せっかくクリーニングに出してもシミが取れないままに戻ってきたら残念ですよね。
だから、暖かくなり冬の布団を使わなくなったタイミングでなるべく早く出すのがベストなのです。

 

冬にクリーニングに出すと間に合わないことがあるから

肌寒くなってきたから、そのまましまっておいた掛け布団をクリーニングに出してから使おうとする方は多いです。
しかし、布団クリーニングは洋服のクリーニングのように、出したら数日で戻ってくるわけではありません。2週間前後かかることが一般的で、混雑していると1ヶ月以上かかることもあるのです。
寒くて早く掛け布団が使いたいのに、なかなかクリーニングから戻ってこないというケースは少なくありません。これを避けるためにも使った後でクリーニングしておくのが良いのです。使った後なら時間に余裕があるので安心して出すことができるでしょう。

 

 

季節に関係なく布団宅配クリーニングに出すべきタイミングとは?

季節に関係なく布団宅配クリーニングに出すべきタイミング

冬中使った布団は、梅雨の前に出すと良いでしょう。ダニやカビの増殖を防ぎ、汚れやシミの蓄積も防ぐことができます。時間に余裕もあるので安心です。
しかし、季節に関係なく布団宅配クリーニングに出すべきタイミングもあります。
それは以下のような場合です。

 

臭いがひどい

布団の臭いがひどくなってしまった場合は、季節に関係なく早めに宅配クリーニングに出しましょう。
臭いということは、汚れが蓄積しているということです。
布団の側生地が汗や皮脂などで汚れたまま使い続けていると、生地の劣化が進み、布団の寿命を短くしてしまうことにもなります。
また臭いがひどいと心地良く眠れないという理由からも、早めにきれいにしたいですね。

 

暖かくない

暖かいはずの布団が、暖かくない、ひんやりするということはありませんか?それは中わたに湿気が溜まっていることで、保温性が低下しているからです。天日干しをしても暖かさが戻ってこない場合には丸洗いして高温乾燥する必要があります。
そのまま湿気を溜め込んでおくと、寒いだけでなくダニやカビが増殖することにもなるので、なるべく早く宅配クリーニングに出すことをおすすめします。

 

重くなった

ふかふかで軽かったはずの布団がしっとり重くなることがあります。これは中わたに湿気が溜まり重くなっていること、汚れが蓄積していることが考えられます。天日干しをしても改善されない時には、やはり宅配クリーニングに出すのがベストでしょう。

 

カビがある

布団の裏を見たらポツポツというカビを見つけてしまった経験のある方は多いでしょう。
カビのついた布団をそのままにしておくと、アレルギーの原因や肺炎や気管支炎の原因になってしまうことあります。
カビの見える範囲が少ない場合でも、カビは布団の中いっぱいに広がっている可能性が高いです。
特にお子様やお年寄りの方は抵抗力が弱いので、カビのついた布団はすぐに宅配クリーニングに出しましょう。

 

おねしょやペットのおしっこで汚れてしまった

お子様やペットのいるご家庭では、おねしょやペットのおしっこで布団を汚されてしまうことが多々あります。
タオルで拭き取ったり、天日干しなどして対処している方もいると思いますが、尿の汚れは丸洗いしないときれいにすることはできません。
そのまま洗わずに使い続けていると、クリーニングに出してもシミが取れなくなってしまうかもしれません。宅配クリーニングでしっかり洗ってきれいにリセットしましょう。

 

 

替えの布団がない場合には布団レンタルがおすすめ!

替えの布団がない場合には布団レンタル

 

布団の衣替えの季節に宅配クリーニングを利用する場合と違い、季節に関係なくおねしょやカビが生えたことで、宅配クリーニングを利用する時には、替えの布団がなくて困ってしまいます。
替えの布団をお持ちの方は少ないでしょう。
汚れた布団を宅配クリーニングに出したいけれど、替えの布団がないから出せない…と諦めてしまう方もいるかもしれません。
そんな時には、布団レンタルを行っている宅配クリーニングを選ぶという選択肢もあります。
替えの布団がなくてクリーニングに出せない方のために、布団をクリーニングしている間、替えの布団を貸し出してくれる宅配クリーニング業者があるのです。有料の場合がほとんどですが、無料で貸し出してくれるところもあります。
替えの布団がない方は、ぜひレンタル布団サービスをしている業者を探してみてください。

 

 

布団を宅配クリーニングに出す時には、どの季節がベストなのでしょうか。掛け布団クリーニングの場合、布団を使わなくなったタイミングがベストです。梅雨の時期になると湿気でダニやカビが増えてしまうので、梅雨になる前、夏の前の時期がおすすめです。でも、おねしょで汚してしまったり、カビが生えているのを見つけた時には、次の梅雨前の時期まで待つのではなく、なるべく早く宅配クリーニングに出すと良いでしょう。汚れや湿気はそのままにしておくと不快なのはもちろん、どんどん布団を傷めてしまいます。布団を長持ちさせるためにも、ベストなタイミングで宅配クリーニングを利用したいですね。

 

 

布団宅配クリーニング料金が安い5選!
布団宅配クリーニングは大変便利で多くの業者が参入している中、その料金はマチマチです。サービスも何枚単位や保管、オプションと多くありそれもまた料金も発生。そこで当サイトでは料金の問題を解消すべく、品質やサービス等の観点も含め格安な布団宅配クリーニング業者を選定、選びやすいようにまとめました。オススメ5選としランキング形式で紹介していますので要チェック!

安い布団宅配クリーニング