リネット布団宅配クリーニングは羽毛布団やこたつ布団、ふとん以外のシーツも対応可?

リネット布団宅配クリーニングは羽毛布団やこたつ布団、ふとん以外のシーツも対応可?

 

布団の宅配クリーニングは、家に居ながらにして大きなふとんをクリーニングしてもらえる便利なサービスです。さらに、ふとんだけでなく、ベビー布団やこたつ布団など、様々なアイテムをまとめてクリーニングできる宅配クリーニングもあり、賢く利用する方が増えています。
布団宅配クリーニングのリネットもふとんだけでなく様々な寝具を取り扱っています。ここでは、リネットをもっと賢く便利に利用するために、羽毛布団、こたつ布団、シーツなどの対応についてご紹介したいと思います。

 

 

羽毛布団、こたつ布団、シーツはどれくらいの頻度でクリーニングすれば良い?

羽毛布団、こたつ布団、シーツはどれくらいの頻度でクリーニングすれば良い

 

リネットの取扱い寝具についてご説明する前に、寝具をクリーニングすべき頻度について考えてみたいと思います。
羽毛布団やこたつ布団、シーツはどれくらいの頻度で洗えば良いものなのでしょうか。

 

 

羽毛布団

羽毛布団

一般的に敷き布団は年に1回、掛布団2〜3年に1回くらいの頻度でクリーニングするのが理想とされています。
布団の中わたはデリケートなので、洗いすぎるのは良くありません。
特に羽毛布団は、羊毛、綿、ポリエステルなどの素材よりも傷みやすいため、頻繁に洗う必要はないとされていす。
羽毛布団は3年〜4年に1度くらい洗うのがベストでしょう。
自宅の洗濯機やコインランドリーで洗える布団もありますが、上手く洗えずに中わたが偏ってしまったり、生乾きでカビの原因になることもあります。
大切な羽毛布団は宅配クリーニングを利用してプロにお任せするのが良いでしょう。

 

 

こたつ布団

こたつ布団

こたつ布団は、布団以上に湿気と汚れを溜めやすいため、年に1度洗濯するのが理想的です。
春になりこたつを使わなくなったタイミングできれいに洗ってから収納すると良いでしょう。
また、こたつは食べ物や飲み物をこぼして汚してしまうこともあります。そのような場合にはできるだけ早く洗うことが大切です。汚してすぐであれば取れるシミであっても、時間が経つと取れなくなってしまいます。
しかし、大きなこたつ布団を洗うのは大変です。こたつ布団は洗える素材であることも多いですが、自宅やコインランドリーで洗うのは大きすぎて難しいでしょう。
宅配クリーニングでは、こたつ布団も扱っていることが多いです。布団と一緒に宅配クリーニングに出すのが賢い方法です。

 

 

シーツ

シーツ

布団は、中わたがデリケートな素材でできているため、頻繁に洗うことができません。そこで大切なのが、必ずシーツをつけることです。シーツをつけることで汗や皮脂汚れがダイレクトに布団に染み込むのを防ぐことができます。
つまりシーツはダイレクトに汗を受けるため汚れやすい寝具でもあります。直接肌に触れるものでもあるので、週に1回は洗濯して清潔な状態を維持しましょう。
シーツはそれほど嵩張るものではなく、デリケートな素材でもないので自宅の洗濯機で洗うことができます。
しかし、年に1度はプロのクリーニングで丸洗いするのがおすすめです。
プロのクリーニングをすることで白さと清潔感を維持することができるからです。
例えば、自宅で洗濯できるワイシャツであっても、プロのクリーニングに出すと白さと清潔感が全然違いますよね。シーツも年に1度はきれいにリセットすることが大切です。

 

 

リネットでクリーニングできるものは?

リネットでクリーニングできるものは

 

羽毛布団、こたつ布団、シーツのクリーニングすべき頻度についてご説明してきました。
布団だけでなく毎日使う寝具類はしっかりクリーニングすることが大切なのです。
布団以外の寝具をクリーニングする時には、全てまとめて出すことができる宅配業者が便利で良いでしょう。
リネットでは羽毛布団もこたつ布団やシーツも全てクリーニングすることが可能です。その他にも枕や敷きマットなど様々な寝具を取り扱っています。
どんなアイテムがクリーニングできるのか?そして金額どれくらいかかるのか?ご紹介していきましょう。

 

 

布団と同じ料金になるアイテムについて

リネットの布団クリーニングは1枚8,800円です。
この布団の金額を同じ料金となっているのは、以下の寝具です。

  • 掛け布団
  • 敷き布団
  • こたつ布団
  • 肌掛け
  • 寝袋

羽毛、羊毛、綿、化学繊維など、様々な種類のふとんクリーニング可能となっています。
これらの寝具は、枚数が増えるほどお得になります。
詳しい料金を見てみましょう。

布団などの枚数 1枚当たり 合計料金

1枚

8,000円

8,800円

2枚

5,900円

11,800円

3枚

4,267円

12,800円

4枚

3,700円

14,800円

5枚

-

1枚につき+3,000円

 

5枚目以降は1枚+3,000円と非常にお得になります。ふとんだけでなくこたつ布団もまとめてクリーニングしてしまうのがおすすめです。

 

 

布団と別料金になるアイテムについて

リネットでは以下のようにたくさん種類の寝具がクリーニング可能となっています。
種類1枚あたり

  • タオルケット・・・2,040円
  • 枕カバー・・・870円
  • 座布団カバー・・・1,220円
  • シーツS・・・1,220円
  • シーツW・・・1,220円
  • シーツQ・・・1,630円
  • シーツK・・・2,040円
  • シーツS(ゴム付)・・・1,220円
  • シーツW(ゴム付)・・・1,220円
  • シーツQ(ゴム付)・・・1,630円
  • シーツK(ゴム付)・・・2,040円
  • 布団カバーW以下・・・1,220円
  • 布団カバーQ・・・1,630円
  • 布団カバーK・・・2,040円
  • マルチカバー小・・・1,630円
  • マルチカバー中・・・2,040円
  • マルチカバー大・・・3,160円
  • マルチカバー特大・・・4,090円
  • 敷きパットS・・・2,990円
  • 敷きパットW・・・2,990円
  • 敷きパットQ・・・3,490円
  • 敷きパットK・・・3,990円
  • 膝掛毛布・・・1,429円
  • 長座布団・・・2,286円
  • 座布団 大・・・2,000円
  • 座布団 中・・・1,714円
  • 座布団 小・・・1,429円
  • 枕・・・2,000円
  • クッション小・・・2,000円
  • クッション大・・・4,000円
  • ベビー掛布団・・・2,500円
  • ベビー敷布団・・・2,500円
  • ベビーベッドガード/ベビーカーカバー・・・4,674円

リネットは、これらの寝具類もふとんやこたつ布団のように丸洗いすることが可能となっています。シーツは1,220円〜とリーズナブルなので、年に1度であれば負担がなく利用できるでしょう。

 

 

リネットでクリーニングできないものは?

リネットでクリーニングできないものは

 

ふとんだけでなく、こたつ布団にシーツまで様々なアイテムを丸洗いできるリネットですが、もちろんクリーニングできないアイテムもあります。
間違って送ってしまうことがないように、あらかじめチェックしておきましょう。

 

 

クリーニング不可のアイテムについて

以下のものはリネットで取り扱うことができません。

  • マットレス(ベビー用マットレス)
  • 低反発マットレス
  • 生地や中綿にシルクが含まれている布団
  • ムートン素材の寝具類
  • 本革使用の布団寝具類
  • 電気毛布や電気毛布等の機械が付属されているもの
  • 磁気毛布
  • ビーズを使用したもの(クッションや枕など)
  • 色が濃い柄物の品物
  • 色落ちの可能性のある品物
  • ノンキルト(糸の縫い付けではなく接着剤でとめられている)
  • 低反発まくら
  • そばがら枕
  • 穴があいている品物
  • 破れのある品物
  • 汚れ、臭いがあまりにもひどいもの
  • 嘔吐・排泄物が付いているもの
  • ペットの毛が大量についたもの
  • 濡れているもの

このように洗えないアイテムもたくさんあります。
汚れがひどいもの、水洗いすると素材を傷めてしまうもの、丸洗いすることで壊れてしまう可能性のあるものは、基本的にクリーニングはしないことになっています。

 

 

クリーニング不可のアイテムを送ってしまったらどうなるの?

さまざまな寝具がクリーニングOKのリネットですが、クリーニング不可のケースもたくさんあります。
もしクリーニング不可のアイテムを送ってしまうとどうなるのでしょうか?

 

すべてアイテムがクリーニング不可の場合

送ったアイテムが全てクリーニング不可と判断された場合には、そのまま洗浄せずに送り返されることになります。
そしてこの時に1個口あたり別途送料3,000円が発生するのです。(北海道、沖縄は1個口あたり4,000円)

 

一部のアイテムがクリーニング不可の場合

いくつか送ったアイテムの中でクリーニング不可のアイテムがあった場合には、不可と判断されたアイテムは洗浄されずにそのまま戻ってきます。
ここで注意していただきたいことがあります。リネットのクリーニング料金は、枚数が増えるほどに1枚当たりの金額が非常に安くなります。4枚の布団を出した時には1枚あたり3,700円とお安くなります。しかし、もし4枚中3枚が壊れていてクリーニング不可となったとします。そうするとクリーニングする布団は1枚だけとなり1枚8,800円かかることになるのでご注意ください。

 

クリーニング可能か、不可かわからない寝具だから、とりあえず宅配クリーニングに出してみようとお考えの方もいるでしょう。
でもクリーニング不可のアイテムを送ってしまうと、割引率が悪くなったり、返送料金がかかるなど損をしてしまいます。事前にクリーニングできるか否か確認してから送るようにしましょう。

 

 

布団宅配クリーニングのリネットは、ふとんだけでなく様々な寝具を扱っているところが魅力です。布団、こたつ布団は特にクリーニングする枚数が増えるほど安くなるのでまとめてクリーニングしたい方におすすめです。普段は洗濯機で洗うシーツも、プロのクリーニングでパリッと白くリセットしましょう。しかし、洗えない寝具類もありますので、事前に確認しておいてください。

 

↓安心高品質&低価格のリネット(公式サイト)↓