リネット布団宅配クリーニングは水洗い?ドライクリーニング?仕上がりに違いはるの?

リネット布団宅配クリーニングは水洗い

 

布団の宅配クリーニングが人気を集めています。でも「布団を洗うなんて考えたことがなかったから、どんな業者を選べば良いのかわからない」方がとても多いです。
宅配クリーニングは決して安いものではありません。布団1枚5,000円〜10,000円ほどのクリーニング代がかかります。だから、適当に業者を選ぶのではなく、業者ごとの特徴を知り、納得した上で選びたいものです。
そこで今回は大人気宅配クリーニング業者リネットの「布団クリーニング方法」について考えてみたいと思います。リネットは水洗い?ドライクリーニング?どちらの方法でクリーニングをしているのでしょうか、

 

 

布団のクリーニングは「水洗い」と「ドライクリーニング」がある

布団のクリーニングは「水洗い」と「ドライクリーニング」がある

 

クリーニングの方法は大きく2つに分かれます。
水洗いクリーニングとは、その名前の通り水で洗うクリーニング方法です。冷たい水ではなく約40℃〜60℃の温水と洗剤で洗います。
ドライクリーニングとは、水を使わないクリーニング方法です。水ではなく石油系の溶剤を使って洗います。
この2つのクリーニング方法の違いは2つあります。

 

 

布団へのやさしさが違う

1つ目は「布団にやさしいかどうか」です。ドライクリーニングは素材を傷めずに洗うことができます。水洗いクリーニングだと素材が、水でダメージを受けてしまうことがあります。
スーツやコートなどデリケートな素材でできている服は水洗いができません。水で洗うとボロボロに傷んでしまうからです。だから素材を傷めないドライクリーニングが施されるのです。
布団を傷めずに洗うためにはドライクリーニングが向いているでしょう。

 

落ちる汚れの種類が違う

2つ目は「どのような汚れが落ちるか」です。ドライクリーニングは油汚れを落とすことを得意とします。皮脂汚れや口紅を落としたい時にはドライクリーニングが良いでしょう。
水洗いクリーニングは水溶性の汚れを落とすことが得意。汗、フケ、垢、ダニなどは水溶性の汚れになります。
布団を傷める心配はありますが、汚れや匂いをすっきりさせたい場合には水洗いが向いているでしょう。

 

このように、ドライクリーニングには「布団を傷めない」、水洗いには「汚れをすっきり落とす」というメリットがあるのです。
布団宅配クリーニング業者は、布団の素材や状態を見て、どちらの方法で洗うか判断しています。

 

 

リネット布団宅配クリーニングは水洗い?ドライクリーニング?

リネット布団宅配クリーニングは水洗い?ドライクリーニング?

 

それでは、リネットでは水洗いクリーニングをしているのでしょうか。それともドライクリーニングをしているのでしょうか。
リネットの布団クリーニング方法を調べてみると、水洗いクリーニングしていることがわかりました。
どうして布団を傷めないドライクリーニングではなく、水洗いクリーニングをしているのか?
それはリネットのこだわりにありました。

 

「溜まった汚れを丸洗い」がリネットのこだわり

リネットはアレルギーやアトピーの心配の原因になるダニ、さらにカビなどを除去するためにたっぷりの水で丸洗いすることにこだわっています。
たっぷりの温水で丸洗いすることで、繊維の奥に潜んでいるダニやカビまで洗い流すことが可能となりました。なんとダニ死亡率99.0%、アレルゲン除去率98.3%という結果が出ています。
ダニやカビの心配がない安心安全な布団に仕上げてくれるのです。
さらに、リネットが「溜まった汚れを丸洗い」することにこだわる理由は、ふわふわ布団にリセットするためです。
布団が重くなったり、臭くなったり、弾力がなくなったり、温かさがなくなるのは、汗汚れが原因です。汗を吸い湿気が溜まっているからなのです。ドライクリーニングではこの汗汚れを洗うことはできません。水溶性である汗汚れは、水洗いすることですっきり洗うことができるのです。
だからふかふかで温かく、匂いのない布団が蘇ります。

 

リネットの水洗いは布団にやさしい

ドライクリーニングは布団を傷めない、水洗いは布団を傷めてしまうというのがこれまでの常識でした。しかり、今の布団クリーニングは工場の洗浄システムの進化や技術が向上、洗剤の使い分けなどをすることで、デリケートな羽毛布団などでも丸洗いができるようになっているのです。
だから布団を傷めずに、かつ汗やダニの汚れをスッキリ落とすことが可能となりました。まさにドライクリーニングと水洗いクリーニングの良い所だけを合わせたような感じですね。
もしお手持ちの布団に「ドライクリーニング」「水洗い禁止」の洗濯表示があっても、業者によっては水洗いしてくれるのです。
リネットも、前処理としてタンパク質分解酵素でシミぬきをしたり、専用の洗剤や洗濯機を使うことで、布団にやさしい水洗いクリーニングを実現しています。
水洗いでも布団の中身が偏るなどの心配はありませんので、安心して利用してください。

 

リネットを利用した方の口コミは?

リネットを利用した方の口コミ
最後に、実際にリネットで布団クリーニングを体験した方の気になる口コミをご紹介したいと思います。

  • 仕上がりがふかふかです。
  • できあがりがフカフカで満足しています。
  • 首にあたる部分の汚れもしっかり落ちていた。
  • 皮脂は匂いが予想以上に落ちていた。
  • 布団の生地がきれいになった。

このように、みなさん満足の感想を寄せていました。
この他の口コミからもわかるリネットの仕上がりのポイントは以下の3つです。

 

ふかふかに仕上がる

長年使っている布団はしっとり重くぺちゃんこ状態です。買ったばかりの頃の暖かさもなくなってしまいます。
その原因は布団にしみこんでいる汗汚れです。汗の成分である汗や尿素によって、布団はどんどんしっとり重くなり弾力や保温力を失います。
ドライクリーニングの場合には、水溶性の汚れである汗を洗い流すことができません。しかしリネットの水洗いなら、布団の奥まで染み込んだ汗もしっかり洗ってリセットしてくれます。
だから、弾力、軽さ、温かさなどが戻ってくるのです。

 

きれいになる

期待していた以上にきれいになったという感想も目立ちました。
布団についている汚れのほとんどは汗、垢、フケなどの水溶性の汚れです。ドライクリーニングは皮脂汚れには強いのですが、それ以外に汚れを落とすことが難しいです。リネットはこのような汚れも水洗いで全てすっきり落とすことができます。
どうしてもとれない古い汚れもありますが、ほとんどのシミや汚れがかなりきれいに落ちています。

 

匂いが良くなる

リネットから届いて布団を開けてみて、匂いがしないことに驚いたという口コミも多くありました。
長年使ってきた布団は汗や皮脂などの臭いが染みついています。天日干しした程度では消えることはないでしょう。
でも、丸洗いすることができれば、そんな臭いもしっかり落ちるのです。
また、ドライクリーニングの場合に独特の臭いがするという難点があります。ドライクリーニングでは水のかわりに石油系の溶剤で布団を洗います。この時の溶剤が布団に残ってしまうため、もともとの布団の臭いが消えたとしても、溶剤の臭いが気になってしまうかもしれません。
コートやスーツをクリーニングに出した時にも、少し石油系の臭いがしますよね。これが溶剤の臭いなのです。
このドライクリーニング独特の臭いがしないところも、リネットの水洗いクリーニングの魅力です。

 

 

今回は大人気の布団宅配クリーニングのリネットについてご紹介してきました。どんな仕上がりになるのか知るために、ドライクリーニングなのか水洗いなのか調べてみたところ、布団を傷めずに、かつ布団の汚れをすっきり洗い流す「水洗いクリーニング」をしていました。汗汚れがリセットされて新品のようなフカフカの布団に蘇るでしょう。

 

↓安心高品質&低価格のリネット(公式サイト)↓