リナビスの布団宅配クリーニングの保管サービスは?きめ細やか管理体制!

リナビスの布団宅配クリーニングは保管サービスに注目!きめ細やか管理体制!

 

カンブリア宮殿で紹介されて以来、全国から注文が殺到していうといるリナビス。その人気の理由は「おせっかい」なほどきめ細かな管理体制にありました。さらに宅配クリーニングの人気サービスである保管サービスにも注目が集まっているというのです。
今回はリナビス布団宅配クリーニングの「保管サービス」さらに「管理体制」についてご紹介したいと思います。

 

 

リナビス布団宅配クリーニングの保管サービスは?

リナビス布団宅配クリーニングの保管サービスは

 

布団宅配クリーニング業者の中には、布団を無料で保管してくれる「保管サービス」を行っている業者が増えています。クリーニングしてきれいになった冬の布団を、夏の期間中、専用倉庫で預かってくれるとても便利なサービスです。
布団はとても嵩張ります。だから、保管サービスをうまく利用できれば、家の押し入れやクローゼットをとてもスッキリさせることができるのです。
ところが、リナビスの布団宅配クリーニングでは、布団の保管サービスは行っていませんでした。
「リナビスは保管サービスも充実」と言われていますが、それは布団クリーニングではなく、衣類クリーニングのほうでした。
リナビスでは布団だけでなく衣服クリーニングも大好評です。と最長9カ月まで衣服を預かってもらうことができるのです。そして費用は一切かかりません。
衣服クリーニングを利用する時には、ぜひチェックしてみてください。

 

 

リナビスの布団宅配クリーニングの管理体制は?

リナビスの布団宅配クリーニングの管理体制は?

 

リナビスの布団宅配クリーニングでは保管サービスが行われていませんでした。
次は、管理体制について見ていきたいと思います。
リナビスは非常に管理体制が整っていることで有名です。
指定していない部分であってもきれいに染み抜きがされていたり、ほつれていたりボタンが取れていた場合には丁寧になおしてくれているのです。
このようなクオリティの高い管理体制について調べてみると、興味深い3つの事実がわかってきました。

 

 

きめ細やかな管理体制は「田舎のクリーニング店」だからできたこと?

カンブリア宮殿で取り上げられたクリーニング店、布団クリーニング140万枚突破などの実績を見ると、大手クリーニング店をイメージする方が多いでしょう。
しかし、リナビスは兵庫県の田舎町にある地元密着型のクリーニング店でした。「田舎のクリーニング店」だからこそ、リナビスはきめ細やかな管理体制が実現できたのです。
街のクリーニング店は価格競争の中、効率を上げることを強いられていきます。生産ノルマを設けて、できるだけ短い時間で多くのアイテムを仕上げていかなければならないのです。
ところが、田舎のクリーニング店であるリナビスはそのような価格競争に巻き込まれることがありませんでした。
だから、効率良く仕上げることよりも1点1点丁寧に仕上げることに集中できました。そして品質向上と研究を行いながらきめ細やかな管理体制を維持してくることができたのです。
その後、宅配クリーニング事業スタートさせたのですが、この管理体制は変わっていません。

 

 

きめ細やかな管理体制の秘密は「おせっかい」なサービスにあった!

リナビスのきめ細やかな管理体制は、ただ田舎にあったからできたわけではありません。
リナビスには魅力的な人材がたくさんいたからなのです。
リナビスにはクリーニング歴40年以上の熟練職人がたくさんいます。その職人さんたちとは「おせっかいなおばちゃんたち」だというのです。
シミをみつけたらしっかりとってあげたい、ほつれていたら直さずにはいられない、もっときれいにしたいという、おせっかいな気持ちこそがリナビスの高品質クリーニングを実現しているのです。
リナビスの店長は、手作業の工程において決して効率を重視しない姿勢を貫いています。効率を目指してしまうとおっせっかいサービスはできません。
効率が悪くても、クオリティの高いクリーニングを目指しているからきめ細やかな管理体制が維持できているのです。
リナビスは非効率でも良いから、一人一人のお客さまに本当に喜んでもらえることを目標としています。
「やれることは全部やりたい」というのがリナビスのモットーなのです。

 

 

きめ細やかな管理体制のために受注が上限に達したら受付を終了している!

もともと小さな田舎のクリーニング店だったリナビスですが、きめ細やかな管理体制を貫いたことにより、今では全国から大量の布団や衣服の依頼がくる大人気布団宅配クリーニングとなりました。
宅配クリーニングをはじめる前は、あまりにも仕事がなくて午前中だけで工場を閉めていたこともあったということで、今の状況は想定外のことだったんだとか。
でも、大量の依頼をどんどん受けて売り上げを伸ばそうというのはリナビスの経営スタイルではありません。
それでは、きめ細かな管理体制を維持することができないからです。
リナビスの工場である「東田ドライ」は兵庫県の田舎町にあるクリーニング工場。クリーニング職人20名、スタッフ62名、合計82名という小さな企業です。
そこで、きめ細かな管理を守るために考えられた大胆なルールが「受注上限に達したら新規のお客様の登録をお断りする」というものでした。
現在、提携工場の開拓などを検討しながら、できるだけ多くの受注を受けていく方向に進んでいるのですが、リナビスに布団を出してみたいとお考えの方は、できるだけ早く利用してみると良いでしょう。

 

このようにリナビスの管理体制について調べてみると、以下の3つのことがわかりました。

  • 「田舎のクリーニング店だったこと」
  • 「おばちゃん職人のたちのおせっかいサービスが人気の秘密であること」
  • 「受注上限に達したら新規のお客様の登録をお断りすること」

カンブリア宮殿で絶賛されて人気が殺到するクリーニング店に成長したリナビスですが、のこのような管理体制を貫いていることで、さらに多くのユーザーに支持されているのです。

 

リナビス布団宅配クリーニングに保管はないが管理体制が素晴らしかった!

リナビス布団宅配クリーニングに保管はないが管理体制が素晴らしかった

 

今回は、注目のリナビス布団宅配クリーニングの保管サービス、管理体制についてご紹介してきました。リナビスは布団の保管サービスを行っていると思っている方もいると思いますが、残念ながらリナビスが保管サービスを行っているのは衣服限定でした。この点は注意して布団クリーニング注文をしましょう。
それよりも注目したいのはきめ細やかな管理体制です。非効率の田舎のクリーニング店だからこそできた高品質サービスがリナビスの人気の理由ということがわかりました。

 

↓公式サイト↓

リナビス

 

 

布団宅配クリーニング保管サービス5選!
布団の管理は難しく、シーズンや嵩張り、湿気等の環境次第ではカビやダニの発生につながり、イザ使おうとした時に使えないなんてことも。布団宅配クリーニングではそのデメリットを解消すべく保管サービスを行っている業者多くあります。その保管方法も料金や環境など特徴も一長一短で選ぶのも一苦労すでしょう。そこで当サイトでは業者の保管サービスの特徴を比較し、選びやすいようにまとめました。オススメ5選としランキング形式で紹介していますので要チェック!
保管付き布団宅配クリーニング