せんたく便の宅配方法!集荷、送り先、入らない場合のクリーニングはどうすれば?

せんたく便の宅配方法!集荷、送り先、入らない場合のクリーニングはどうすれば?

 

安くて便利、きれいに仕上がると評判のせんたく便ですが、はじめて布団宅配クリーニングを利用する方には、面倒に感じることも多いと思います。どこに集荷をお願いするの?送り状はどこでもらう?集荷袋に布団が入らない時はどうすれば良い?などの疑問もあるでしょう。
ここでは、せんたく便をスムーズに安心して利用するために、せんたく便の宅配方法について確認しておきたいと思います。

 

 

せんたく便の布団クリーニングの宅配方法について

せんたく便の布団クリーニングの宅配方法について

 

まず、せんたく便に布団クリーニングの宅配方法をご説明します。注文からお届けまでの流れを知っておけば安心して利用することができるでしょう。

 

 

ネット注文

せんたく便の公式サイトからネット注文をします。
お客様情報、注文内容、最短納期を入力していきます。
布団宅配クリーニングの場合、料金プランが複雑なことが多いのですが、せんたく便は布団2点パックの料金プランだけなので非常にシンプル。迷うことがありません。

 

 

集荷キットが届く

ネット注文から1週間以内に集荷キットが届きます。
集荷袋、ガイド、ヤマト運輸着払い伝票、布団パック申込書、結束バンドがセットになったキットです。
ここでキット代700円をヤマト運輸のスタッフに渡します。

 

 

発送準備をする

宅配クリーニングでもっとも時間がかかる作業は発送準備です。でも、この作業に慣れてしまえばあとは何も手間がかかる作業はありません。

 

申込書を記入する

布団パックの申込書に記入をします。これはネット注文した時と同じ内容になるので、少し面倒に感じるかもしれません。
複写式になっており、せんたく便控えを集荷袋に入れ、お客様控えは手元にとっておきましょう。

 

ヤマト運輸着払い伝票を記入する

伝票には送り先である「株式会社ヨシハラ せんたく便」の住所があらかじめ記入されています。「ご依頼主」だけを記入すれば良いので簡単です。

 

集荷袋に布団を入れる

集荷袋に布団や毛布などを入れます。申込書も入れたら着払い伝票と結束バンドをつけます。

 

 

送り先に布団を発送する

せんたく便では集配を全てヤマト運輸が行っています。
発送準備が終わったら、ヤマト運輸に集荷に来てもらうか、ヤマト運輸提携のコンビニに持ち込みます。
集荷依頼はヤマトコールセンター(0120-019-625)に連絡をします。
宅配クリーニングの場合、コンビニ持ち込みが不可なことが多いので、好きな時間にコンビに持って行けるせんたく便は便利なサービスです。忙しい方でも便利に利用することができます。
せんたく便では、集荷してもらう時に集荷キット料金700円を支払うルールになっているので準備しておきましょう。

 

送り先は株式会社ヨシハラ

宅配クリーニングはネット上でやりとりするだけなので、どこにあるどんなクリーニング工場で洗濯されるのだろう?と不安に思います。
せんたく便の送り先はどこになっているのでしょうか。
ヤマト便の着払い伝票の送り先には「株式会社ヨシハラ」と印字してあります。
せんたく便を運営しているのは株式会社ヨシハラです。昭和56年創業の歴史ある会社です。
実は滋賀県では「ヨシハラクリーニング」として有名な会社で36店舗も展開しています。
せんたく便を利用すると、布団は本社と本社工場のある「滋賀県彦根市大堀町380-1」に送られます。
宅配クリーニングは店舗がないので不安に感じることもありますが、実店舗も経営している会社であることがわかると安心感がありますね。

 

 

布団が届く

クリーニングが終わったら、指定した時期、場所に布団が届きます。
せんたく便の布団クリーニングのお届け日は、最短で集荷日から20日前後になります。ネット申し込みをしてから集荷キットが届くまでに1週間ほどの時間がかかるので、申し込みから納品までは1ヶ月くらいかかることを想定しておきましょう。混雑時にはもっとかかることもあります。

 

 

クリーニング代を支払う

せんたく便の支払い方法は、2通りあります。
1つはクレジットカード払い。その場合には事前にクレジット情報登録をしておきます。
もう1つは代引きです。布団が届いて確認した上で支払いすることができるので安心です。集荷キットの料金を差し引いたクリーニング料金だけを支払います。

 

せんたく便の布団クリーニングの流れについてご説明してきました。少し面倒に感じるかもしれませんが、店舗クリーニングのように営業時間を気にしたり、混雑時に待たされることがないので非常に便利です。一度利用すればその便利なシステムに驚くはずです。

 

 

せんたく便の布団クリーニングのトラブル対応について

せんたく便の布団クリーニングのトラブル対応について

 

布団宅配クリーニングを利用する場合、問題がなければ良いのですが、何かトラブルが起きた時のことを考えると心配です。
せんたく便の布団クリーニングを利用する上で心配なトラブル対応について考えてみたいと思います。

 

 

集荷袋に布団が入らない時はどうすれば良い?

集荷袋に布団が入らなかったらどうしよう!と心配になる方もいるでしょう。
せんたく便の集荷袋はタテ50cm×ヨコ70cm×奥行40cmです。布団2枚、もしくは布団1枚+毛布2枚などの量であればスムーズに入れることができます。集荷袋はコンパクトに畳まれていますが、広げてみると大きく頑丈に作られています。安心して布団を詰めることができるでしょう。
しかしボリュームのある布団や毛布の場合には、集荷袋に入らないこともあるかもしれません。
申し込みをする前にクリーニングに出したい布団を畳んでみて、タテ50cm×ヨコ70cm×奥行40cmの大きさの中に入るかどうか確認しておきましょう。
せんたく便のルールは、集荷袋に入ることです。布団2枚で9,800円というパック料金になっていますが、入らない場合には適応外となります。
クリーニングに出そうと思った布団が集荷袋に入らない時には、他の薄い布団に変更するようにしましょう。
無理に詰め込んでしまうと、その時は大丈夫でも輸送の間に壊れてしまう可能性もあるので注意してくださいね。
また、せんたく便の集荷袋以外の袋を代用することはできませんので、こちらも覚えておいてくださいね。

 

 

荷袋のファスナーが壊れてしまったらどうすれば良い?

集荷袋は頑丈に作られているのですが、誤って壊してしまうこともあるかもしれません。集荷袋のファスナーが壊れてしまった、しまらなくなった場合にはどうすれば良いのでしょうか。
その場合には、せんたく便のカスタマーセンター(0120-096-929 9:00〜21:00)に電話連絡をすればOK。新しい集荷袋を送ってもらえます。
壊れたところを自分で補修して送ってしまうと輸送中に壊れてしまうかもしれません。判断に迷った時には、カスタマーセンターに相談した上で送るようにしましょう。

 

 

クリーニングに出した布団が届かない時にはどうすれば良い?

「クリーニングに出した布団が届かない時にはどうすれば良い?」という不安をお持ちの方もいると思います。
せんたく便は信頼と安心の布団宅配クリーニング業者なので、クリーニングに出した布団が届かないということはまずありません。
しかし、もしかしたらお届けした指定日を間違ってしまったのかもしれません。もしくは、天災などの原因によりヤマト運輸の納品が遅れているのかもしれません。
布団がなかなか届かない時には、まずせんたく便のカスタマーセンター(0120-096-929)に問い合わせをしてください。受付時間は9:00〜21:00となっています。夜遅くまで受け付けしているので安心です。

 

せんたく便は「全国クリーニング環境衛生同業組合連合会」に加入しているので安心

万が一、せんたく便を利用して布団が届かない、紛失されたなどのトラブルがあった時には、「クリーニング事故賠償基準」に沿った対応を受けることになります。
これは全国クリーニング環境衛生同業組合連合会が定めたルールです。せんたく便はこの組合連合会に加入しているクリーニング店です。
せんたく便の公式サイトから「クリーニング事故賠償基準」を確認することができるので、申し込みをする前にチェックしておくと万が一の時にも慌てることがないでしょう。

 

 

今回は、人気宅配クリーニングのせんたく便をよりスムーズに、そして安心して利用するために注文からお届けまでの流れ、さらに集荷袋に入らない、布団が届かないなどのトラブルの時の対応についてもご説明してきました。せんたく便は、滋賀県で36店舗もクリーニング店と経営する老舗クリーニング会社です。トラブルなどの心配なく安心して利用することができるでしょう。

 

↓無料の保管・衛生的なせんたく便(公式サイト)↓