布団宅配リーニングと持ち込みクリーニングの違い

布団宅配クリーニング保管

 

毎日使う布団は、実はとても汚れています。たくさんの汗が染み込んだ布団はダニやカビの原因となるのです。汚れたまま使い続けていると、アレルギーなどの健康被害を引き起こしてしまうかもしれません。
そんな布団汚れを防ぐために、丸ごとクリーニングする方が増えています。
ここでは、持ち込みクリーニングと宅配クリーニングの違いを比較しながら、布団クリーニングについてご説明していきたいと思います。

 

 

掛け・敷布団・毛布クリーニングするなら持ち込み?or宅配?

掛け・敷布団・毛布クリーニングするなら持ち込み?or宅配?

 

布団が汚れてしまっても、自宅の洗濯機で洗うことはできないですよね。仮に手洗いしたとしても乾燥させることは難しいです。
布団を洗う場合には、クリーニング店に出すことになります。
少し前までは、持ち込みクリーニングがほとんどでした。近くのクリーニング店舗に持ち込むスタイルです。どなたも迷いなく持ち込みクリーニングを利用していたと思います。
しかし、最近は宅配クリーニングという新しい選択肢が増えています。クリーニング店に布団を持っていく必要がないのです。
事前にネットで申し込みをすると集荷袋が届き、その中に布団を入れておきます。その後宅配会社が布団を集荷しクリーニング工場へ運びます。クリーニングが終わった布団は再び宅配業者によって配達されるのです。
自宅から一歩も出ずに布団クリーニングが完了してしまうのです。
宅配クリーニングはとても便利な布団クリーニングの方法として人気を集めています。
でも、本当に持ち込みクリーニングよりも優れているのでしょうか。
掛け・敷布団・毛布の持ち込みクリーニングと宅配クリーニングのメリット、デメリットを比較しながら詳しく見ていきたいと思います。

 

 

掛け・敷布団・毛布の持ち込みクリーニングのメリット・デメリットは?

掛け・敷布団・毛布の持ち込みクリーニングのメリット・デメリットは?

 

持ち込みクリーニングは、今でも定番のクリーニング方法ですよね。近所のクリーニング店へ持って行き布団を引き渡し、仕上がったら取りに行くという方法です。
どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

 

 

メリット

店舗クリーニングには、まず以下のようなメリットがあります。

 

お店のスタッフと対面できる

クリーニングに衣服や寝具を出す時には、「このシミは落ちますか?」「この素材のものはクリーニングできますか?」などと質問したりしますよね。
お店のスタッフとこのようなやりとりができるのが、布団持ち込みクリーニングのメリットです。安心して預けることができます。
また、仕上がった布団を一緒に確認することができるので、もし汚れが残っていたり、生地が傷んでいたりした時には、お店のスタッフに指摘することができます。

 

クリーニング代が安い

布団持ち込みクリーニングは自分で持ち運びするため、宅配クリーニングよりも料金が安いのが一般的です。
宅配クリーニングの料金もかなり下がってきているのですが、最安値を比べると持ち込みクリーニングの方が安いでしょう。

 

即日仕上げサービスがある

急な来客がある時は、布団を汚してしまった時などに布団クリーニングを利用する時には、とにかく早く仕上げてほしいですよね。
持ち込みクリーニングなら、少し料金は高くなりますが即日仕上げも可能です。クリーニング工場と直結している店舗であれば、午前中にクリーニングに出した布団が夜までに仕上がることもあるのです。
急ぎの時にはとても便利なサービスです。

 

一般的なクリーニング方法である持ち込みクリーニングにはこのようなメリットがあります。
安さとスピード、さらに対面接客の安心感を求める方におすすめです。

 

 

デメリット

次に、布団の持ち込みクリーニングのデメリットについて考えてみたいと思います。

 

手間がかかる

布団をクリーニング店に持っていくのは大変です。
重くて大きい布団を車に運んだり、駐車場からクリーニング店舗まで運ばなければいけません。1枚であれば良いですが、家族の枚数分の布団や毛布を運ぶとなると重労働ですね。
また自家用車がない方やお年寄りの方は、そもそも布団をクリーニング店まで持って行くのが不可能かもしれません。

 

時間がかかる

当たり前のことですが、布団を持ち込みクリーニングする時には店舗に2回足を運ぶことになりますよね。持ち込む時、引き取る時の2回行く必要があります。
さらに、クリーニング店にはスタッフが大人数いるわけではないので、繁忙期の時は列に並んで待たされることも少なくありません。
持ち込みクリーニングは時間がかかるものなのです。
時間がない忙しい方にはデメリットと言えるでしょう。

 

定番となっている持ち込みクリーニングですが、実はデメリットも多いことがわかりますね。クリーニングは手間と時間がかかるものだと諦めている方も多いかもしれません。

 

 

掛け・敷布団・毛布の宅配クリーニングのメリット・デメリットは?

掛け・敷布団・毛布の宅配クリーニングのメリット・デメリットは?

 

それでは次に、最近増えてきている布団の宅配クリーニングについて考えていきたいと思います。総合的評価は、持ち込みクリーニングよりも上なのでしょうか。

 

 

メリット

布団の宅配クリーニングを利用する方が徐々に増えています。それは以下のようなメリットがあるからです。

 

引き取りしてもらえるので誰でも利用できる

宅配布団クリーニングは、引き取りが最大の魅力です。
布団をクリーニング店に持っていくのは面倒で大変です。また、そもそもクリーニング店に布団を持って行けない方もいるでしょう。
お年寄りや小さなお子様のいる方、自家用車がない方や、近くに布団クリーニングをしている店舗がない方もいるかもしれません。
宅配クリーニングなら、布団を自宅まで引き取りに来てもらえるので誰でも利用できるメリットがあります。

 

時間がかからないので忙しい方でも利用できる

クリーニング店に持ち込む場合には、もちろんクリーニング店の営業時間内に行く必要があります。でも、夜遅くまで営業しているクリーニング店は少ないので、仕事が遅くてなかなか取りに行けないという方も多いでしょう。
さらに持ち込み、引き取りと2回お店に足を運ばなければいけないのも面倒です。
宅配クリーニングなら、24時間ネットから申し込みができるので忙しい方にも安心です。自分の都合の良い時間に集荷してもらえば、とても効率が良いです。
忙しい方にぴったりの効率の良いサービスです。

 

保管サービスがある

布団の宅配クリーニングの特徴の一つに「保管サービス」があります。
クリーニング完了した布団を、そのまま専用倉庫で預かってもらえるのです。そして次のシーズンにまた布団が必要になった頃に自宅に届けてもらう流れになります。6ヶ月〜9カ月の期間保管をしてもらえて、料金も布団1枚数百円ということが一般的です。
この保管サービスはかなり優れたサービスです。
せっかくきれいにクリーニングした布団でも、ジメジメした自宅の押し入れにしまってしまうと、次に使うまでにカビが生えてしまうこともあります。
保管サービスは、布団に快適な環境の中で布団を保管してもらえます。カビや虫食いなどの心配がなく、きれいな状態を維持できるのです。布団を長持ちさせることにもなります。
また布団がないことでクローゼットがスッキリするメリットもあります。

 

オプションが豊富

布団の宅配クリーニングには、オプションがつくことが多いです。
染み抜きサービス、抗ダニ加工、圧縮仕上げなどのオプションがつくことが多いので、自分の希望に合ったオプションサービスを探してみると良いでしょう。
無料オプション、有料オプションもありますが、有料であってもとてもリーズナブルです。

 

布団の宅配クリーニングにはこのようなメリットがあります。
手間と時間をかけたくない、さらに布団を預かってほしい方におすすめです。
今、増え続けているサービスなので、各社差別化を図るために、様々なサービスをはじめたり、プラスしたりしています。よりお得で便利な会社を選びたいですね。

 

 

デメリット

便利なサービスとして注目されている布団の宅配クリーニングですが、デメリットはあるのでしょうか。

 

クリーニング代が高い

宅配クリーニングは、重い布団を自宅からクリーニング工場まで運んでもらうことになります。この手間の分、やはり持ち込みクリーニングよりもクリーニング代は高めになっています。
しかし、宅配クリーニングと持ち込みクリーニングの最安値を比べれば、持ち込みクリーニングのほうが安いですが、一般的な価格を比べてみるとそれほど違いがなくなりつつあるのです。
クリーニングの老舗「白洋舎」に持ち込みをした場合、羽毛布団のクリーニング代は6,500円となります。
一方、布団宅配クリーニングの「クリラボ」では、羽毛布団のクリーニング代は6,800円となります。
宅配クリーニングは人件費などの店舗運営費をカットすることで、クリーニング代を抑えることができているのです。

 

時間がかかえる

布団の宅配クリーニングは時間がかかります。
ネット申し込み→集荷キット納品→宅配会社による集荷→宅配会社による配送という流れになるため、持ち込みクリーニングのように即日仕上げは不可能です。
比較的スピード仕上げをしてくれる宅配クリーニングもありますが、即日〜5日程度で布団クリーニングをしたい時には、持ち込みクリーニングが良いでしょう。

 

お店の人と対面できない

通販などのWEBサービス全般に共通することですが、宅配クリーニングではお店の人と対面することができません。
集配に来てくれる人は宅配業者のスタッフであり、お店のスタッフではありません。
だから、クリーニングに出す前に質問をしたり、仕上がった布団を一緒に検品することができないのです。これはデメリットと言えます。
でも、お店の人と対面するのが苦手、ネットだけのようが便利と感じている方もいるようです。
また、お子さまのおねしょ布団などの汚れた布団をクリーニングに出す時には、対面接客のない宅配クリーニングのほうが都合が良いかもしれません。

 

以上の3点が、布団宅配クリーニングのデメリットです。しかし、このデメリットを解消としているクリーニング会社も増えています。できるだけこのようなデメリットのない会社を探したいです。

今回は、掛け・敷布団・毛布の宅配リーニングと持ち込みクリーニングの違いについて考えてきました。
持ち込みクリーニングは、お店のスタッフと対面できる安心感、さらに安さと早さもあります。一方、宅配クリーニングは、持ち運ぶ手間と時間がかからない、保管サービスやオプションサービスがある等のメリットがあります。
自分に合ったクリーニング方法を見極めて、便利にお得に利用してください。

 

 

布団宅配クリーニング10選!

布団の嵩張りや保管するのが大変な布団の管理。そのデメリットを解消すべく布団宅配クリーニング人気を集め多くの業者が参入してきています。今ではの多くの布団宅配クリーニングサービスがあり特徴も一長一短で選ぶのも一苦労。そこで当サイトでは口コミ評判・業者の特徴を比較し、選びやすいようにまとめました。オススメ10選としランキング形式で紹介していますので要チェック!
布団宅配クリーニング