布団宅配クリーニングの丸洗い・水洗い・ドライの種類!

布団や毛布の宅配クリーニングは丸洗い?水洗い?ドライ?洗い方の種類!

 

はじめて布団宅配クリーニングを利用すると、まるで新品のようにふわふわになる仕上がりに驚くはずです。
さらにダニなどのアレルゲンがほぼ100%除去されたきれいな状態で戻ってくるのです。
一体、布団クリーニングはどのような方法で、ここまですっきり洗い上げているのでしょうか。
ここでは布団や毛布の宅配クリーニングの洗い方についてご説明していきたいと思います。

 

 

クリーニング方法は「水洗い」と「ドライ」がある

クリーニング方法は「水洗い」と「ドライ」がある

 

布団クリーニングについて考える前に、一般的なクリーニング方法についてご説明したいと思います。
クリーニング方法には水洗いとドライがあります。
クリーニング店では、素材や汚れの種類によって水洗いクリーニングとドライクリーニングを使い分けているのです。

 

 

水洗いクリーニングとは?

水洗いクリーニングとは?

 

水洗いクリーニングとは、その名の通り水で洗う方法です。
温水(約40℃〜60℃)と洗剤で丸洗いします。石鹸や漂白剤など使って洗うこともあります。
水洗いなら、わざわざクリーニング店に出さなくても自宅の洗濯機でもできそうですが、そうではありません。
洗剤や温水の温度を調整することで、素材を傷めることなくスッキリ汚れを落とすことができるのです。水洗いこそ、プロの力が試されるとも言われています。

 

どんなものを水洗いクリーニングするの?

洗濯表示に「洗濯機で洗える」「手洗いできる」と表示があるものは水洗いOKです。ワイシャツなどは水洗いが一般的なクリーニング方法です。

 

水洗いクリーニングはどんな汚れが落ちるの?

水洗いは水溶性の汚れを落とすことに優れています。汗、フケ、垢などの体から出る汚れは水溶性なので丸洗いのほうがきれいになるのです。さらに、ダニやダニの糞などのも丸洗いで落とすことができます。

 

 

ドライクリーニングとは?

ドライクリーニングとは

 

ドライクリーニングとは、水を使わずに洗う方法です。
石油系の溶剤を使って洗うのです。水ではなく油で洗うのがドライクリーニングです。
クリーニング店に衣服を出す時には、ドライクリーニングが一般的です。

 

どんなものをドライクリーニングするの?

洗濯表示に「ドライクリーニング」「水洗い禁止」と表示のあるものは水洗いではなくドライクリーニングすることになります。
水に弱いデリケートな素材のものが、水洗い禁止となっています。
ウールのコートやカシミアのセーターなどはドライクリーニングする必要があります。
そのような素材を水洗いしてしまうと型崩れしたり、縮んだり、色落ちしたりしてしまうでしょう。
ドライクリーニングなら水によるダメージを与えずに洗うことができます。

 

ドライクリーニングはどんな汚れが落ちるの?

ドライクリーニングは油汚れを落とすことに優れています。皮脂汚れや口紅などはドライクリーニングのほうがスッキリ落ちるでしょう。

 

 

布団や毛布は水洗いが新常識?

布団や毛布は水洗いが新常識

 

クリーニング店で行う水洗いとドライクリーニングについてご説明してきました。
それでは布団や毛布はどちらの方法で洗っているのでしょうか。
布団はデリケートな素材なのでドライクリーニングするものだと思います。
実際に布団には「ドライクリーニング」の表示があるものがほとんどです。
しかし、実はほとんどのクリーニング店では布団は水洗いをしています。
これはどうしてなのでしょうか。
その理由は3つありました。

 

水洗いのほうが布団や毛布の汚れが落ちるから

布団についている汚れは、汗、フケ、垢、ダニやダニの糞、カビ、花粉などです。
これらの汚れは水溶性なのでドライクリーニングでは落ちません。水洗いすることでスッキリ洗うことが可能になるのです。
特にアレルゲン(アレルギーの原因となるもの)であるダニや花粉などをしっかり洗えるのは水洗いです。
だから、布団は水洗いが向いているのです。

 

水洗いのほうが羽毛を傷めないから

ドライクリーニングは素材を傷めないというイメージがあります。
しかし羽毛布団の場合には、ドライクリーニングのほうが素材を傷めてしまうのです。ドライクリーニングで使われる洗剤には、油汚れを落とす特性があります。この洗剤が羽毛の油脂分も落としてしまうので、羽毛を劣化させてしまうのです。
羽毛布団はデリケート洗いであるドライクリーニングが向いているように思われていますが、実は水洗いする方が羽毛を傷めないのです。

 

水洗いできるようになったから

布団には水洗いしないと落ちない汚れが多いから、さらに羽毛を傷めないという理由から、水洗いが主流となっています。
しかし、多くの布団には「ドライクリーニング」「水洗い禁止」の表示があります。これを無理やり水洗いすることができるのでしょうか。布団を傷めることにはならないのでしょうか。
実は最近、クリーニング工場の洗浄システムの進化や技術が向上したことにより、布団の丸洗いが可能になったのです。
だから最近売られている布団には「水洗いOK」の表示のものが増えています。
少し前に作られた布団には「ドライクリーニング」の表示がついていますが、そのような布団でも水洗いが可能になっているのです。
布団に「ドライクリーニング」の表示があるから、布団クリーニングで丸洗いしてもらうことはできないと思っている方もいると思います。しかし、このような事情により、ほとんどの布団は安心して布団クリーニングに出すことができるのです。

 

このような3つの理由から、クリーニング店では布団をドライクリーニングではなく、水洗いしているのです。
布団を水洗いすることで、布団を傷めずにダニなどのアレルゲンをすっきり洗うことができます。
これからは布団は丸洗いの時代なのです。

クリーニング店でクリーニングをする場合はドライクリーニングが一般的ですが、布団の場合は水洗いクリーニングが主流です。これまでは水洗いできる設備や技術がなかったのですが、クリーニング店の進化により水洗いが可能となったのです。だから今まで洗うことができなかった汗、ダニ、花粉などのアレルゲンをすっきり洗えるようになりました。本当にきれいになった清潔な布団でぐっすり熟睡できそうです。

 

 

布団宅配クリーニング10選!

布団の嵩張りや保管するのが大変な布団の管理。そのデメリットを解消すべく布団宅配クリーニング人気を集め多くの業者が参入してきています。今ではの多くの布団宅配クリーニングサービスがあり特徴も一長一短で選ぶのも一苦労。そこで当サイトでは口コミ評判・業者の特徴を比較し、選びやすいようにまとめました。オススメ10選としランキング形式で紹介していますので要チェック!
布団宅配クリーニング