布団宅配 クリーニング保管サービス!保管方法や預かり料金ガイド!

保管

 

布団宅配クリーニングは、宅配業者に布団を引き取り、納品してもらう便利なサービスです。そしてさらに便利なのが、クリーニングした布団をそのまま長期保管してもらえるサービスです。冬布団を使わない期間、クリーニングの専用倉庫で布団を預かってもらうのです。でも、どんなサービスなのかあまり知られていないにも事実です。
ここでは、保管サービスの詳細や便利なサービスについてご説明していきたいと思います。

 

 

布団宅配クリーニングの保管サービスについて

布団宅配クリーニングの保管サービスについて

 

布団宅配クリーニングの保管サービスとは、クリーニングが終わった布団をそのまま預かるサービスです。布団を使わないシーズン中は保管してもらい、また使うシーズンになったら納品してもらうのです。
あくまでもクリーニングした上で保管するので、クリーニングしていない布団を預かる保管サービスではありません。

 

 

保管サービスの料金について

布団を預かってもらうサービスと聞くと「高そう」「わざわざ預かってもらうなんて贅沢なのでは」と思う方もいるでしょう。
でも、布団の保管サービスは心配するほどの高額サービスではありません。保管料金、送料、詰め放題料金について見ていきます。

 

保管料金

保管料金

保管サービスの特徴は、保管料金がとても安いことです。
大きな布団を預かるためには広いスペースが必要ですよね。本来はそのスペース代がかかるのですが、布団1枚500円〜1,000円で半年〜9カ月保管してもらうことができます。
さらに、保管料が全くかからないクリーニング会社まであるのです。
でも一つ注意したいのが、保管料だけでなくクリーニング料金も考慮することです。保管料が無料であっても、その分クリーニング料金が高いこともあります。
逆に数百円の保管料がかかっても、クリーニング料金が安いケースもあります。


 

送料

送料

保管料金と合わせて確認しておきたいのが送料です。布団は非常に大きな荷物になるので、送料がかかる場合には大きな費用になってしまいます。
基本的なクリーニング代は送料込の金額になっていますが、別途送料がかかる場合もあるので注意したい所です。


 

詰め放題料金

詰め放題料金

お得な宅配布団クリーニングのサービスとして「詰め放題」があります。集荷用のバッグが指定され、その中に入る量の布団や毛布などの寝具なら、何枚でもクリーニングOKというものです。布団だけでなく、肌掛けや毛布などの薄い寝具も一緒にクリーニングする時には、たくさんのアイテムを詰めることができて非常にお得です。
楽天市場の布団宅配サービスなどでは、布団詰め放題サービスを行っています。


 

このように、布団保管サービスに関わる金額はとてもリーズナブルなことがおわかりいただけたと思います。賢くお得に活用していきたいサービスです。

 

 

保管サービスの保管方法について

保管サービスの保管方法について

 

宅配布団クリーニングの保管方法は、どのような仕組みになっているのでしょうか。
基本的な流れ、最適な時期、保管環境についてご説明したいと思います。

 

保管の流れは?

布団の保管サービスを利用するためには、布団クリーニングをすることが前提になります。

 

申し込み

まず、インターネットから布団宅配クリーニングを申し込みます。この際に保管サービスも利用すること、お届け日の設定なども合わせて登録しておきます。

 

集荷&クリーニング

集荷袋が届くので布団を詰め、宅配業者に集荷してもらいます。
クリーニング工場にてクリーニングします。

 

保管サービス

クリーニングが終わった布団は、専用倉庫にて保管します。

 

配送

希望したお届け日が近づくと、保管していた布団は梱包されて配送されます。

 

このような流れでクリーニングと保管サービスを利用することになります。
はじめにインターネット上で申し込みするだけでOKなのでとてもスムーズです。

 

保管サービスの最適な時期は?

保管サービスの最適な時期

それでは、実際にどれくらいの時期に保管サービスを利用している方が多いのでしょうか。
布団をクリーニングに出すのは5月頃がおすすめです。冬用の布団がなくても暖かい季節になりますよね。使わなくなったらできるだけ早めにクリーニングに出すと良いでしょう。その理由は、梅雨の時期に入ってしまうとカビが生えやすくなるからです。梅雨のジメジメ時期が到来する前にクリーニングに出してしまうのが賢明です。
保管期間は5月〜10月頃の約6ヶ月が良いでしょう。11月まで保管する設定にしてしまうと、秋口に寒くなって冬布団が必要になった場合に困ってしまうでしょう。地域によってばらつきがありますが、冬布団が必要になる時期より少し早めにお届けしてもらうとうに設定しておくと良いです。

 

保管環境は?

保管環境

布団の保管サービスと聞いてイメージするのは「布団がなくなって押し入れがスッキリして便利!」ということでしょう。確かにこれは保管サービスの大きなメリットです。
でも本当のメリットは、布団を最適な環境の中で保管してもらえるということなのです。
布団を保管する場所は、布団に最適な温度と湿度に設定された保管庫です。色褪せを防ぐ為の遮光効果や、虫食い防止のための害虫駆除なども行っています。
家庭の押し入れやクローゼットをこのような最適空間にするのは、ほぼ不可能に近いでしょう。
家庭の収納スペースは湿気が溜まりやすい環境ですよね。押し入れの場合、全体の約6割以上のものを収納してしまうと風通しが悪くなり湿気が溜まりやすくなってしまうのです。ギュウギュウの押し入れに布団を入れっぱなしにしていると、どうしてもカビが生えてしまいます。
保管サービスなら、カビ、色褪せ、虫食いなどを防いできれいな状態を維持することができるので、布団を長持ちさせることができるでしょう。
また、自宅の収納スペースがスッキリすることで、他の衣服などの保管環境が良くなるというメリットもあります。

 

 

保管サービスの様々なサービスについて

保管サービスの様々なサービスについて

 

布団保管サービスの料金や保管方法についてご説明してきました。お得で便利なサービスであることは間違いないです。
さらに、以下のようなサービスまで行っているのです。

 

シミ抜きサービス

シミ抜きサービス

子どもがおねしょしてしまった布団をそのまま次のシーズンまで押し入れにしまっていたら、カビがびっしり生えていた…なんてことはありませんか?
おねしょや、ペットのおしっこなどは、ある程度拭き取ったと思っていても、布団の奥まで浸透しているのです。そのようなシミはすぐに除去すれば良いのですが、時間が経過すればするほど取れなくなってしまいます。シミのついた布団は見た目にも衛生的にも良くありませんよね。シミだらけの布団では心地良く眠ることができません。
布団保管サービスを利用する場合には、そのようなシミの心配がありません。布団クリーニングではしっかりシミ抜き作業を行い、さらにその後も最適な環境で保管するので、シミの心配なく次のシーズンを迎えることができるのです。

 

再仕上げサービス

再仕上げサービス

長期間、布団を預けておくことに不安を感じる方もいるかもしれません。
保管する中で、もし布団が汚れたりカビたりしたらどうしようと思う方もいるでしょう。もちろん、汚れやカビの心配にない環境で保管するので心配ないのですが、さらに安心して利用できるように、再仕上げサービスを実施している会社も増えています。保管後に届いた布団を確認して、もし満足できない点があれば無料で再仕上げしてもらえるのです。
心配な方は、このようなサービスのある会社を選ぶと安心です。

 

圧縮袋にてお届けサービス

圧縮袋にてお届けサービス

保管サービスが終了した布団は、圧縮処理されて納品する会社もあります。
圧縮袋に入って納品されると非常に便利です。
来客用布団の場合には、そのまま押し入れの中でコンパクトに収納することができますよね。
圧縮袋に入っていれば、ダニやカビやほこりから布団を守ることもできます。
しかし、圧縮袋を使用したサービスを利用する時には一つ確認しておきたいことがあります。
それは、発送用の圧縮袋なのか保管用の圧縮袋なのかということです。スムーズに発送することを目的として使われている圧縮袋の場合は、納品になった時点で圧縮袋から布団を出さないといけません。そのまま押し入れに入れておくと布団の素材が劣化してしまうからです。保管用の圧縮袋であればそのまま押し入れに保管しておいてもOKです。
圧縮袋サービスを利用する場合には、どちらの種類の圧縮袋なのか確認しておくと良いでしょう。

いかがでしたでしょうか。
布団宅配クリーニングの業者が増える中で、各社差別化をはかるために様々なサービスを提供しています。保管サービスもその一つですね。とても便利なサービスなのでクリーニングと合わせて利用したいです。

 

 

布団宅配クリーニング保管サービス5選!
布団の管理は難しく、シーズンや嵩張り、湿気等の環境次第ではカビやダニの発生につながり、イザ使おうとした時に使えないなんてことも。布団宅配クリーニングではそのデメリットを解消すべく保管サービスを行っている業者多くあります。その保管方法も料金や環境など特徴も一長一短で選ぶのも一苦労すでしょう。そこで当サイトでは業者の保管サービスの特徴を比較し、選びやすいようにまとめました。オススメ5選としランキング形式で紹介していますので要チェック!
保管付き布団宅配クリーニング