宅配クリーニングできる布団と出来ない布団の区別は?

掛け布団や毛布の宅配クリーニングできないものって?洗えるものの区別は?

 

衣服は毎日洗うのに、毎日使っている寝具を全く洗わないというのは不衛生な感じがしませんか?実際に布団には汗やフケや垢などの体の汚れがたっぷり染み込んでいます。さらにそのような汚れがダニの温床となり、ダニやダニの糞などのアレルゲン物質も布団についているのです。
そんな布団はスッキリ丸洗いしたいものです。でも、そもそも布団って洗うことができるのでしょうか。宅配クリーニングで洗える布団はどんなものがあるのでしょうか。洗える布団、洗えない布団についてご説明していきたいと思います。

 

 

洗えるor洗えない布団はどうすればわかるの?

洗えるor洗えない布団はどうすればわかるの

 

「掛け布団や毛布って洗えないものでしょ」と思っている方もいます。
デリケートな素材の布団は洗濯できないイメージがあります。確かに洗えない布団もありますが、一般的な羽毛布団などは基本的に洗うことが可能です。
布団の洗えるor洗えないを知る方法は、布団についている洗濯表示を見ることです。衣服の洗濯をする時と同じです。
布団についている「洗濯機マーク」「手洗いマーク」「ドライクリーニング」「水洗いできません」のマークを確認して、それぞれの洗える方法を覚えておきましょう。
布団を洗う方法は「自宅の洗濯機・コインランドリーで洗う」「手洗いする」「布団クリーニングで洗う」の大きく3つに分けられます。それぞれご説明していきたいと思います。

 

自宅の洗濯機・コインランドリーで洗える

自宅の洗濯機・コインランドリーで洗える

布団に「洗濯機マーク」がついていれば、洗濯機で丸洗いOKということです。
シングルの布団の場合、洗濯容量が5キロ以上の洗濯機であれば洗濯機洗いが可能です。
液体洗剤を使い、「毛布洗い」などの洗濯モードで洗います。布団は洗濯ネットに入れてから洗濯機に入れます。洗い終わった布団は、完全に水分がなくなるまで数日かけて乾燥させましょう。
さらに、洗濯機OKであればコインラインドリーで洗うことも可能です。
余裕を持って布団を入れることができるような大きな洗濯機を選びましょう。布団をくるくる巻いてから紐などで縛ってから洗濯機にいれると良いでしょう。中わたがよりにくくなり、型崩れを防ぐことができます。

 

このように、「洗濯機マーク」がついて、かつ自宅の洗濯機に入る大きさの布団の場合には、家で洗濯することが可能です。またコインランドリーで洗うこともできます。

 

自宅で手洗いできる

自宅で手洗いできる

「手洗い」表示がついている場合は洗濯機洗いができません。
さらに、「洗濯機マーク」がついている布団でも、その布団を洗える大きさの洗濯機がなければ洗濯機洗いはできないです。
そのような布団を自宅で洗う場合には、手洗いすることになります。
布団を洗う時には、浴槽を使うと便利です。
浴槽の半分くらいにお湯を入れて、液体洗剤を入れましょう。そこへ布団を浸し、足で押し洗いをします。
汚れが落ちるまでしっかり洗ったら、丁寧にすすぎます。
水がきれいになるまで、水を入れ替えながらしっかりすすぎましょう。
洗い終わった布団は、浴槽の淵にかけて水きりをします。1〜2時間で水が出なくなったら、物干し竿などに干しましょう。
完全に乾くまでには数日かかります。天気予報を見ながら、お天気が続くタイミングで洗うようにすると良いです。

 

布団宅配クリーニングで洗う

布団宅配クリーニングで洗う

「ドライクリーニング」「水洗いできません」の表示がついている場合は、自分で洗うことができません。布団宅配クリーニング、もしくは店舗クリーニングに布団洗いを依頼しましょう。
また、「洗濯機マーク」「水洗いマーク」がある場合でも、自宅で洗ったりコインランドリーへ持って行くのは大変な労力です。
もっと楽に布団洗いがしたい場合には、自分で洗える布団であっても布団クリーニングを利用すると良いでしょう。

 

布団を洗いたいと思った際には、布団表示を参考に「自宅洗濯機」「自宅で手洗い」「コインランドリー」「布団クリーニング」から洗い方を選ぶことになります。
自分で洗うことが可能な布団であれば、自分で洗うのが一番低コストです。しかし、大変な苦労を考えるとあまり現実的とは言えません。少し費用はかかっても、布団宅配サービスを利用するのが便利です。

 

 

布団の宅配クリーニングできないものはある?

布団の宅配クリーニングできないものはある

 

自宅で洗うことができない「ドライクリーニング」「水洗い禁止」の布団を洗いたい場合には、クリーニングに依頼することになります。
しかし、自宅で洗えない布団=クリーニング工場なら洗える、というわけではありません。
敷布団・毛布の宅配クリーニングでも洗えない布団もあるのです。
どうしてクリーニング工場で洗えない布団もあるのでしょうか。
それは、その素材がとてもデリケートだからです。
デリケートな素材だと、どんなクリーニング方法を駆使しても水や洗剤によって中の素材がボロボロになってしまったり、型崩れが起きてしまい元に戻らない可能性があるのです。簡単に言うと、布団が壊れてしまうということです。
布団にダメージを与えてしまう可能性がある場合には、クリーニング会社は絶対にクリーニングはしません。これは当たり前のことですよね。お客様から預かった布団を無理に洗って壊してしまったら大変です。
逆に、「ドライクリーニング」「水洗い禁止」となっている素材であっても、クリーニング工場に最新の洗濯機が完備してあったり、洗濯技術の向上などにより水洗いできる場合もあります。
それでは、一般的にクリーニング工場で洗える布団の素材、洗えない素材はどんなものがあるのでしょうか。
一つずつご説明していきたいと思います。

 

洗える布団の素材

ほとんどの布団クリーニングでは、以下の素材の布団は丸洗いOKとなっています。

  • 羽毛
  • 羊毛
  • 綿わた
  • ポリエステル綿

多くの方が使用している布団はこれらの素材ではないでしょうか。布団の素材表示を確認してこれらが使われている布団であれば、布団宅配クリーニングを利用することができるでしょう。

 

洗えない布団の素材

布団を丸洗いする方が増えている中、以下のような素材を使った布団は、ほとんどのクリーニング工場で洗うことができません。

 

シルク

シルク(絹)が使われている布団を洗ってしまうと、縮んでしまったり硬くなってしまう可能性があります。

 

皮革製品

フワフワもこもこが気持ち良いムートンやファートン素材ですが、このような皮革を使用している素材は、縮んでしまったり、本来の風合いが損なわれてしまうため、クリーニングはできません。

 

低反発ウレタン、高反発ウレタン

ウレタンは人気の寝具素材ですが、クリーニングすることはできません。中にスポンジが入っているのですが、それを折り曲げて洗濯機に入れることができないからです。

 

ノンキルト

ノンキルト加工の布団は、綴じ目が縫い付けてあるのではなく接着剤で仕上げられています。そのためクリーニングすると必ず接着剤がはがれてしまいます。そして中の羽毛がかたよってしまう恐れがあるためクリーニングできません。

 

高密度生地

ダニの侵入を防ぐ目的などで、高密度の生地で作られている布団があります。この布団はとてもデリケートな素材なので、洗うことができません。

 

金糸、銀糸の刺繍がある生地

婚礼布団などには、金糸、銀糸の刺繍がほどこされていますよね。この金色や銀糸が色落ちすることがあるので、クリーニングできません。

 

 

このように、洗えない素材の布団は結構ありますね。上質のシルクや、人気のウレタンなどは機能性に優れている素材ではありますが、洗うことはできないということを覚えておきたいです。
このような洗えない素材の布団を購入して使う時には、しっかりカバーをかけて汚れないようにしたり、頻繁に天日干しをしてカビ対策をするなどのお手入れをしていきましょう。布団の宅配クリーニングできないものはある?

布団を丸洗いして、スッキリ快適な睡眠を手に入れている方が増えています。布団の宅配クリーニングを利用する方も多くなっています。しかし、全ての布団がクリーニングできるわけではありません。クリーニングできない布団の素材もあることを覚えておいてください。布団を選ぶ時には、自宅で洗えるのか?コインランドリーで洗えるのか?宅配クリーニングで洗えるのか?しっかり確認してから購入をおすすめします。

 

 

布団宅配クリーニング10選!

布団の嵩張りや保管するのが大変な布団の管理。そのデメリットを解消すべく布団宅配クリーニング人気を集め多くの業者が参入してきています。今ではの多くの布団宅配クリーニングサービスがあり特徴も一長一短で選ぶのも一苦労。そこで当サイトでは口コミ評判・業者の特徴を比較し、選びやすいようにまとめました。オススメ10選としランキング形式で紹介していますので要チェック!
布団宅配クリーニング